若いうちに苦労をするメリットは??元ブラック会社勤務経験者が今の若いサラリーマンに伝えたいこと。

住まい、生活

今思えば若い頃はブラックな会社で転職も考えずにただひたすらきつくて憂鬱な毎日を過ごしていました。

最近の会社では私服で出勤OKな会社や、職場に行かずして自宅で仕事も行える会社などとても働きやすそうな会社が増えてきたなと感じています。

自分も若い頃はこんな会社で働いてみたかったと思えるような会社をよく見かけます。

しかし若い方でも今働いている職場に絶望している、毎日が辛い・・という方もまだまだ多くいらっしゃるのではないかと思っています。

結論から言うとそう思っているなら今すぐ転職活動をするべきです。

20代は余裕が無いから考えられない

しかしそう簡単に転職できるものではないし、そもそも自分が通える範囲でどこにどういった会社があるなんて分からないし調べる手段も時間もないんですよね。

20代のサラリーマンなんて私もそうでしたが組織の下っ端の方ですから。

業務やノルマに追われたり毎日上司の圧力に耐えるのが精一杯。

帰宅した時くらいは何も考えずにゆっくりしたいものです。

若い頃は仕事を覚えるのに必死になり、仕事を覚えたら結果を求められるようになり、慣れたと思ったらいつの間にか若くして役職を与えられます。

まだ勤め始めて数年なのに役職がつくと会社から評価された感があり何かと会社の期待や要望に無理してでも応えたくなります。

しかしこれが自分の時間を無くす事に繋がり、時間や考える余裕の無い20代サラリーマンになってしまう原因なのです。

転職や退職に対するつまらない美学は捨てよう

20代の自分を振り返るともっと転職するべきだったという後悔だけが残っています。

自分が20代に戻れるなら転職に対して抵抗を持たず、気になる会社があればどんどん面接したり転職するでしょう。

だからもし若い方で職場に不安や不満を持っている人がいたら転職する事への心配を払拭してあげて背中を押してあげたいですね。

とはいえ私も20代の頃は転職に対する抵抗感が非常に強く、そう簡単に出来るイメージが無かったのも事実です。

というのも、転職は今務めている会社で一人前になって初めて考えるものだという勝手な思い込みがあったのでしょう。

結果的に私はその会社を10年以上勤めて30代になって転職した訳ですが、前の会社で一人前になったとは言えません(笑)

結局そんなものなのです。

役職はついていましたが、役職がついたからといって必ずしも一人前とは言えませんからね。

「 いつかは転職 」と思うのは転職する気がない

確かに一人前になってから次に行く(転職する)という考え方は模範的に見えますが単なる自分のつまらない美学でもあったのでしょう。

それに「一人前の定義」を決めていなかったので、いつになったら一人前になるのかも分からない状態でダラダラと仕事をしていたのかもしれません。

仕事が忙しいからといって「とりあえず」今の職場で働き続けるとあっという間に30代になってしまいます。

30代からでも遅くはありませんが、体力とモチベーションの高い20代はいわばゴールデンエイジです。

このゴールデンエイジに自分に合った職業を見つけられた人と、何となくゴールデンエイジを過ごしてしまった人とではその先の人生の明暗をも分ける事になります。

もちろん30代以降でも転職は出来ますが、年齢相応の給料が見込めるかどうかは分からないですよね。

それに30代にもなると転職先に通用するそれなりのスキルや経験、資格がある人が優先されるでしょう。

逆に20代はどちらかというと本人の性格や仕事との相性や将来性を見込んで採用されるケースが多いと思います。

色々な仕事を経験する事によって自分に合う仕事や好きな仕事を見つけ出す事ができます。

転職したいけど辞めづらいのはなぜ?

世の中には転職したいけど今の職場を辞めづらい人もいるでしょう。

その理由は様々ですが私の場合は自分の美学の他に自分なりの責任感がありました。

平たく言うと、今自分が辞めたらこの業務は誰がやるのだろうか。

自分が辞めたら会社に残された人達はこの業務をやるのは大変なんじゃないかっていう責任感からくる悩みです。

しかし今こうやって振り返ってみると、この責任感は社会経験の無い若さ故の悩みだったと言えます。

会社や組織というのは自分が思っているほど脆いものではありません。

自分一人が抜けたところで大して影響はない場合がほとんどなのです。

自分が思っているほど自分は重要ではない

会社に勤めるサラリーマンというのは、平社員でも役職者でも会社からすれば歯車の一つに過ぎません。

歯車が抜けた直後は一時的に支障があるかもしれませんが、代わりの歯車を入れ替えればいいだけなのです。

私が20代の頃、転職に躊躇していた自分なりの責任感は、この「一時的な支障」を大げさに心配していただけだったのです。

だから今、転職をしたいけど今の勤務先に対してこのような心配をしている方には「そんな事は気にする事はない」と助言してあげたいものです。

従業員が退職する事によって一時的な支障が発生するのは当然のことだしその支障を何とかするのは会社の仕事です。

急に辞めるのではなく、予め退職する意思を伝えていれば退職者に何ら問題はありません。

感情的な理由で転職をしても後悔なんてしない

サラリーマンをやっていると取引先や上司、会社からの理不尽な命令、トラブルなど様々な理由で「もうやってられない!」と感情的になる事があります。

そのような感情的な理由で会社を辞めて転職してもいいのでしょうか。

個人的にはいいと思います。

但し急に今すぐに辞めたり、明日から会社に行かないといった非常識な退職の仕方を除きます。

感情的な理由から、それをきっかけに現在の職場には見切りをつけて転職活動を始める事はとてもいい事だと思います。

というか、ほとんどの人がこういった理由がきっかけで次の転職先を探し始めるものだと思っています。

もちろん、生活していく上で給料の高い低いの問題もありますが、感情が抑えきれないくらいの我慢をして毎日仕事をするのは健康上よくないし必ず体調を崩します。

負のスパイラルになっていないか?

私もよくある事なのですが、一時的に「もう辞めてやる!」と感情的になっても日が経つにつれてその感情も薄くなり、ついにはなぜあんな感情になったんだっけ?と忘れてしまいます。

それでいい人はいいのですが、私はその感情的になった理由だけは忘れないようにしています。

「この会社に居るとあんな目に遭う」という事をしっかりとインプットしておかないとこの先、職場を変えない限り仕事を通して幸せにはなれません。

例えるなら夫婦間のDV(ドメスティック バイオレンス)です。

家庭内で暴言や暴力でひどい目に遭っている被害者が、拘束をされている訳でもないのに加害者の目を盗んで逃げ出さないのはなぜでしょう。

それは加害者がたまに見せる「優しさ」があるからと心理学的には言われています。

いつも優しい人より、いつもひどい対応をする人がたまに見せる「優しさ」の方が効果的と言われています。

この「優しさ」のせいで、被害者は今まで加害者からされたひどい暴言や暴力を許してしまい、帳消しにしてしまいます。

このまま何も無ければいいのですが、必ずその後にDV被害に遭う→優しくされる→忘れる→DV被害に遭うという負のスパイラルが永遠と繰り返されるだけです。

我慢出来ない!と思った事は忘れない

だから会社も同じです。

職場であった嫌な事を許すのはいいのですが、決して忘れない事です。

社会に出たら多少は嫌な事にも我慢しなければなりませんが、人それぞれボーダーラインがありますよね。

Aさんは我慢出来る事でもBさんにとっては我慢出来ないことなんていくらでもあります。

大切なのはボーダーラインを決めておくことです。

そして私ならボーダーラインを越えた嫌な事があった場合、その時点で転職活動を始めますね。

一度ある事は二度、三度あります。

そして人生は一度きりです。

もしタイムマシーンがあるなら20代で悩んでいた自分のところに行って「そんなところでそんな我慢をするなんて人生損しているよ」って早く言ってあげたいくらいです。

転職スイッチが入ると仕事がはかどる

最後に転職活動をしたいけど踏みとどまっている若いサラリーマンの方へもう一押ししたいと思います。

転職活動を始める時期について悩んでいる場合、とりあえず転職時期が決まらなくても転職サイトには登録しておきましょう。

転職サイトに登録した時点で、転職活動はスタートするのです。

登録さえしておけばあなたの社歴・経歴などのプロフィールを見て逆にあなたに面接のオファーが届く場合もあります。

ぶっちゃけ登録サイトに登録しただけで面接オファーをしてくれるような企業はだいたい興味の湧かない企業でしたけどそのようなオファーがあるだけでも転職活動のモチベーションが上がるものです。

更に早く辞めたくて仕方ない会社に出社するのが嫌でしたが、転職活動をするようになってからというものは「この会社は次が決まるまでの繋ぎだし」と気が楽になりましたね。

また、自分の行う業務もいつ辞めてもいいように誰かに引き継ぎやすいようこまめにデータや書類を整理するようになり、その結果仕事がしやすくなります。

何というか、恋人とうまくいっていない時に別れるかどうか悩んでいる時の精神状態から別れる決意をした後の晴れやかな精神状態と似ているような感じです。

いかがでしょう、嫌だ嫌だと思いながら仕事をする日々に自分で区切りを打ってみませんか?

憂鬱な毎日を過ごすのも、ピリオドを打って次に行くのも自分次第です。

ブラックな会社で20代というゴールデンエイジを過ごしてしまった人の独り言ですが、何かの参考にしていただけると幸いです。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました