理想の上司像とは??部下から好かれる上司の5つの共通点。

住まい、生活

中間管理職のサラリーマンにとっていつも気になるのが「理想の上司像」です。良かれと思ってやっている事も実は部下にとっては逆効果な場合もあります。

私は従業員数の多い企業に勤めていた経験もあり、部署異動や転勤で上司が入れ替わる事がたくさんありました。

その結果、良くも悪くも色々な上司とお付き合いしてきたんです。

自分も部下を持った経験がありますが、自分が上司の立場では「理想の上司像」って正直分からないんです。

でも部下の立場を思い出した時、自分が良かったと思える上司を数人思い出す事ができます。

そして今思うとその数人の上司には「ある5つの共通点」があったのです。

この共通点は私にとって理想の上司像の5つの条件にもなる事が分かりました。

この記事にたどり着いた方は少なからず部下を抱えていて何かしらの悩みを持つ方が多いのかなって思います。

そんな方にこれから挙げる5つの理想の上司像5つの共通点を参考にしていただけると幸いです。

当然かもしれない内容もありますが改めて意識する事できっと部下の目線も変わると思いますよ。

休日はしっかり休む

自分の上司がろくに休まずに仕事されると部下は休みずらいですよね。

「俺は休日出勤してるけど君はちゃんと休んでいいからね」って言ってくれる上司はまだマシだけどそれでも休むのは気まずいものがありました。

それに仕事が出来る人って仕事の管理や計画がしっかりしてるから急なアポイントが入らない限りはちゃんと予定通り休めるものです。

仕事に追われてあたふたしている上司を見て部下はどのように思うでしょうか。

上司たる者、多少仕事が詰まっていても休日はしっかりと休む「余裕」をみせてあげましょう。

いざという時、頼りになる

トラブルが起こった時に頼りになるか・ならないかが理想の上司像を左右します。

家庭でいうとトラブルが起こった際に一家の大黒柱があたふたして逃げ回るか、それとも毅然とした態度で立ち向かうかどうかと似ています。

一家の大黒柱が何でもかんでも家族のやることなすことに細かく面倒を見る事はありませんよね。

そんな事してたら何でもかんでも家族が甘えてしまいますから、大黒柱は「いざという時に」動けばいいのです。

部下を抱えている方であれば分かると思う線引きですが、「これは部下じゃ無理だな」というようなボーダーラインを越えたトラブルは面倒を見るべきなのです。

この線引きのメリハリが出来ない人や、なんでもかんでも部下にやらせるような人は部下を抱える資質が無いと言えるでしょう。

いざという時に頼りにならない上司はいつしか部下からも「結局出来ないんでしょ?」っていう目で見られる事になり、やがてはなめられるようになるのも時間の問題です。

常識人であり、知的である

上司たる者、少なくとも仕事中は部下の模範でなければなりません。

それは仕事に関してはもちろん、知識の深さや常識的であることが大切です。

例えば得意先関係者の急な不幸な知らせがあった場合、御霊前と御仏前の違いを部下に説明出来ますか?

冠婚葬祭の常識やマナーであってもその都度スマホで調べるような姿を部下に見られては上司としての格式が下がります。

ブラック会社に多いパターンなのが、自分の上司が自分よりも明らかに馬鹿なやつというパターンです。

常識も知識も人生経験も浅そうな人が、自分よりも先に入社しただけで自分の上司というのは納得出来ないんですよね。

私は今まで「駄目な上司」と「理想的な上司」など、色々な種類の上司の下で仕事をしてきました。

私が理想的な上司だなって感じた人は仕事の事でもプライベートな事でもとにかく何を聞いても「なるほどな」って言う返しや助言をいただいていました。

基本的に優しい

上司だからといって偉そうにふんぞり返って顎で部下に指示を出したり叱責するような人をたまに見かけますがこれもよくありませんよね。

理想の上司は基本的に優しいのです。

普段は細かい事でいちいち怒らない・細かく言わない・寛大である事が理想です。

普段からイライラキリキリしていると、ここぞという時に叱ったり教育しようとしても部下は「またか」と慣れてしまうでしょう。

逆にいつも優しい人だから怒ると恐いんです。

そのギャップを利用して部下と接するとある程度の距離間や上司としての威厳を保つ事が出来ます。

優しい=「 なめられる 」ではなく、最終的には威厳を保つ事に繋がるのです。

いつもへらへらして部下の機嫌をとるのではなく、凛(りん)としたとした佇まいで「怒らない」という優しさをイメージするといいのではないかと思います。

少し謎がある

難しい言い方をしましたが、少し謎があるというのは自分の事を何でもかんでも部下に話さなくてもいいという事です。

よくやりがちなのが、自分の若い頃の話をしたり武勇伝を語ってしまう「イタイ上司」。

部下は上司の話なので興味ありそうな感じで聞いてくれるものだから上司はその気になってあれもこれも自分の話をしてしまいがちです。

しかし聞いている部下はとても退屈でしょう。

逆にこの上司は昔どんな感じだったのだろう?あまりプライベートな話をしてくれないしちょっと謎である・・・と思われるくらいがちょうどいいのです。

聞かれれば話してもいいのですが、自ら進んで自分の話をしても昔話に花が咲いて面白くなるのは自分だけです。

例え華々しい過去があってもそれは自分の胸にしまっておきましょう。

悩んだ時は原点に戻ろう

いかがでしたでしょうか。

基本的には当たり前の事を当たり前のようにこなす事がよい結果がついてきます。

自分が上の立場に行けば行くほど自分の事で精一杯になり部下への対応が粗くなりがちになります。

今、あなたが部下を持つ「上司」という立場に立っているのであれば今一度下っ端の社員だった頃を思い出してみてはいかがでしょう。

そうすればきっと「理想の上司像」が想像出来るはずです。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました