落としちゃったらやる価値あり。iPhone6のガリ傷を紙ペーパーで削ってみた!

スマホは傷が付かないよう丁寧に扱っているつもりがつい先日、スマホカバーを外している無防備な状態で固いコンクリートに落としてしまいました。

慌てて地面から拾い上げて傷を確認してみるとやはり予想通り、テンションが下がるくらいのガリ傷が付いていました。

ガリ傷というか若干えぐれているような感じで傷の深さは約1㎜はあったでしょう。

iPhoneといえば アップルケアーという保証制度がありますが、自分が加入しているのかしていないかも分からない状態。

仮に加入していても傷くらいで交換とか修理とかしてくれるのか分からないし、ちょっとネットで調べてみるとどうやら外装交換出来ても自己負担額は結構な金額になる事が分かりました。

iPhoneの外装の傷補修屋さんって意外に無い

車の傷補修サービスのお店があるくらいだからiPhoneやスマホの傷補修屋さんもあるだろうと思い、ネットで検索するもそのような事を専門にやっているお店なんかありませんでした。

でも普通に考えればそんな補修サービスを専門にやったって車の板金修理に比べたら施工単価も安いので商売になりませんよね。

それに労力を考えたらそこそこの費用がかかりそうだし、どうせお金をかけるならiPhone6はもう古いので新機種に乗り換える事も視野に入ってきます。

しかしまだ別に調子が悪い訳でもありません。

それに長く所有していると愛着が湧くもので、私の過失で落とされたのにもかかわらず、傷が付いたからといって機種変されるのはiPhone6も可愛そうになります。

擦り傷なら気にならないけどガリ傷は嫌だ

通常使用による損耗や、ちょっとした擦り傷なら使っていれば当然に付く傷なので気にしませんが、ガリ傷は我慢出来ません。

何故かって、手で触った時の引っかかりが嫌なのです。

カバーを付ければ気にならないかもしれませんが、私は結構マメに本体を除菌シートで拭くのですが、カバーを外す度にガリ傷が目に入りテンションが下がるのです。

この際、傷や見た目は気にしないので、このガリ傷の手触り感をなんとか出来ないものかと対策を考える事にしました。

昔、時計の傷を治してもらった事を思い出した

そういえば若い頃に頑張ってお金を貯めて購入した腕時計をまだ新しいうちに地面に落としてラグといわれる部分に傷が付いた事があります。

あれは確か地元の腕時計屋さんに行って相談したら、その場で研磨してくれたんですよね。

研磨するという事は、研いで磨くという事なので傷の深さ分は研磨されて少しラグの厚みが減りましたがそれでも見た目は傷が消えてしかもピカピカになったのを覚えています。

ちょうど私のiPhoneの傷箇所も金属部分っぽいので研磨して手触り感を取り戻そうと決めました。

ガリ傷を自分で補修する為に使った道具

サンドペーパー

結果からいうと、私が使ったのはサンドペーパーだけです。

本当は研磨用の電動工具とか色々と駆使すれば仕上がりは綺麗になりそうですがそんな道具は持っていません。

昔、車のボディーの傷補修をする際に使った耐水のサンドペーパーが手元にあったのでこれを使って補修してみました。

まずは粗めのサンドペーパーで傷の深さまで削る

車の傷補修をDIYでやった事があるのでサンドペーパーの使い方くらいは少しだけ知っています。

サンドペーパーは粗目のものからだんだんと細かいペーパーに変えていって仕上げていくのです。

iPhoneのガリ傷の深さは約1㎜あるかないかくらいでした。

その傷の深さ分を削るために、この150番のペーパーで粗く削ります。


サンドペーパー #150

なぜ150番なのかって、たまたま手元にあったペーパーの中で一番粗いのが150番だったからです(^^;) 傷の深さにもよりますが180番くらいでもいいかもしれません。

ちなみに最初に粗めのペーパーで研磨する際は、削る範囲を最小限に抑える事がポイントです。

ガリ傷の場所だけピンポイントで傷の深さが目立たなくなるまで丁寧に研磨します。

150番で削ったら次は320番で研磨します


サンドペーパー #320

150番である程度粗く削ったら、あとは段々と細かいペーパーに代えていきながら研磨していくだけです。

私の場合、次は320番で研磨しました。

最後は600番で表面のざらつきをツルツルに仕上げます

サンドペーパー #600

600番以降のサンドペーパーになると研磨粒子はかなり細かいので削るというよりは、磨く感じに近いかもしれません。

本当は最後に1,000番あたりのペーパーでピカピカに磨きたかったのですがそれだけを買いにホームセンターへ行くのは面倒だったので600番で終わりにしたいと思います。

サンドペーパーで研磨した結果がこちら!

どうでしょうか、研磨する前のガリ傷の写真を撮り忘れてしまったので、アフター写真しかなくてすみません・・・。

しかし研磨する前のガリ傷はポケットに入れると裏地に引っかかるくらいの状態だったので予想していただけるでしょうか。

磨いた事により艶が出てしまったのでマット(艶消し)感はここだけ無くなってしまいましたが手触りだけなら完全に治りました。

個人的にはこの仕上がりで十分ですがもっと表面を綺麗に仕上げるなら1000番あたりで丁寧に磨くといいかもしれません。

サンドペーパーはホームセンターにも売っていますが結構大きいので番号別に買ったら持て余してしまいます。

携帯の傷消しに使う用途なら車関係のお店で売っているこのようなサンドペーパーセットの方がおすすめです。嵩張らないし。

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 耐水サンドペーパーセットM 09123

それにしてもツルツルな手触り感が復活したので良かったです。

また愛着を持って使っていきたいと思います。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です