夢のマイホーム買うならどっちがいい?!マンションと戸建てのメリット・デメリット。

住まい、生活

夢のマイホーム、買うならマンションと戸建て、どちらがいいのか迷いますね。

マンションと戸建てにはそれぞれメリット・デメリットがありますがそれも生活スタイルによりきりなので一概にどうこうとは言えないのが難しいところです。

マンションと戸建てで迷った場合には、自分や家族の生活スタイルを基に「何を」優先するのかを考えなら各々の良し悪しを考えると自ずと自分にとって最適な選択が見えてきます。

そこでマンションと戸建てについて「住環境」という視点でその違いを見つけてみましたのでご参考にしてみてください。

非常災害時の避難は戸建てが有利

非常災害時の安全確保や避難のしやすさという観点では戸建てが有利です。

マンションの場合、1階や2階であればまだしも高層階になると避難に時間がかかります。

まずエレベーターは非常災害時につき使用出来ません。高層階から非常階段を使って降りないといけないのですがここで問題が起きます。

マンションの住人全ての人が非常階段に集中するため、かなりの混雑が予想されるしマンションの下まで降りるまでかなりの時間がかかります。

子どもがいる場合、パニック状態につき人混みに押しつぶされる懸念もあります。

非常災害時に必ずしもすぐに外に避難するのが正しいとは言えませんが、火災の場合は一刻も早く外に出なければならないことを考えると非常災害時の避難は戸建てが有利と言えそうです。

車を持つなら戸建てが安心

地下駐車場などを除き、マンションの駐車場は屋外につき雨ざらしの状態になります。

一方戸建て住まいの場合、自分の好きなガレージやカーポートを設けることが出来ます。

カーポートがある状態と、カーポートが無い状態とでは車のボディーの色褪せや劣化に差が出ます。

カーポートがあることで雨や直射日光を避ける他、鳥の糞やPM2.5や花粉といった空気中んぼ様々な汚れの原因から多少は守ることができます。

またマンションの専用駐車場は1台あたりの専用スペースに十分な広さが無い場合もあります。

そのため、コンパクトな車種しか乗れない若しくは他に月極駐車場を借りなくてはならない場合も出てくるでしょう。

そして何よりも洗車を自宅で出来るのは戸建てのメリットと言えます。

戸建ては何よりも「庭」がある

庭なんて要らないよって考えもありますが、庭があるとやはり何かと便利です。

ガーデニングや畑、家庭菜園が出来ますし倉庫や物置も建てられます。

またバーベキューや日曜大工のスペースとしても利用出来ますし、犬も飼えます。

子どもが居る場合にはお庭で遊ばせたり出来ます。マンションの場合、特に高層階の場合にはベランダがあると小さい子どもは心配です。

このように「庭がある」というのも戸建ての強いメリットとなっています。

戸建ては自分の権限でリフォーム出来る

自分の家なんだから当然じゃない?と思われがちですが外装リフォームの場合、マンションは自分の権限で決められません。

戸建ては自分の好きなように外装や外観をリフォームすることが出来ます。

一方マンションは積立修繕費を使って外装メンテを行うので管理組合が主体となってマンション住人のみんなでリフォームするかしないかを決めなくてはなりません。

そう考えるとマンションなら外装にかけるリフォーム代が掛からなくていいじゃないかって思いそうですが、そのお金は毎月積立修繕費として払い続けなくてはなりません。

お金を払っているのに自分の好きな外観や外装に出来ないマンション。

自分のお金で自分の好きな時にリフォーム出来る戸建て。

考え方にもよりますがきちんとお金を貯めることが出来るなら戸建ての方がいいような気がしますね。

マンションは飛込み営業や余計なセールスが少ない

マンションにも営業は来ますが戸建てに比べれば少ない方なんじゃないかなと思います。

何故かって私も飛び込み営業をしていたことがあるからです。

マンションはオートロックだと基本的にはインターホンも押せないし管理人さんが居るとマンションにも入りずらいので効率的ではないのです。

また、戸建ての場合は車の有無で本当に留守なのか、居留守なのか判断出来ますがマンションの場合は居留守を使われても分からないですね。

この点についてはマンションが有利と言えると思います。

マンションは資産(不動産)価値が下がりずらい

あくまで個人的な考えです。

戸建て住宅においても、立地条件が良ければ不動産価値はもちろんありますが、マンションの場合、一戸建て住宅に比べると価値が下がりずらいのではないでしょうか。

分譲マンションは基本的に、駅に近い、利便性が良いなどといった好立地な条件があります。

逆に駅が遠い・利便性が悪いといった条件のマンションなんて売れませんのでそんな地域に分譲マンションは立ちません。

また、定期的に大規模修繕も行う事から、建物外部のメンテンナンスも適した時期にきちんと行っている建物といえます。そのため、状態によっては戸建て住宅より安定した評価を保つ事が出来るでしょう。

戸建て住宅だと、転勤や引っ越しを機に、売りたい、貸したいなどといった時に利便性の悪い立地条件だと借り手や買い手が見つかるまで苦労します。

資産価値という点でマンションは下がりずらい傾向にある為、戸建てよりも有利だと考えてもいいと思います。

マンションは築年数が経っても場所がいいから将来性はあります。

マンション高層階だと虫があまり寄らない快適生活が送れる

夏の嫌~な虫、「蚊」がマンションの高層階だとあまり見ないという声が多く、網戸を締め忘れてもそんなに慌てないそうですよ。

戸建て住宅だと網戸をしっかり締めているはずなのに、どこからともなくやってくる不快な「蚊」。

あの夏の悩みの種である蚊の問題から解消されるならマンション住まいも魅力的です。

蚊にかかわらず、虫関係はそう簡単に高いところまでわざわざ飛んでこなさそうなので虫嫌いな人はマンションで快適な生活を送れるでしょう。

また、嫌な虫といえば「ゴキブリ」なんかも例にあげられますが、これに関してはマンション高層階であっても、出現率はあまり変わらないそうですよ。

恐らく排水管やエレベーター、ありとあらゆる手段で侵入してきますのでこれは期待できないでしょう。

それを差し引いてもやはり虫が部屋まで飛んでこない環境というのは快適です。

この点はマンションが有利にしてメリットと言えるでしょう。

総じて

こうやって書いてみると戸建ての方がメリットが多いような感じもしますがあくまで個人的な見解なのでこれが全てでもありません。

一生ここに住むんだ!という覚悟があるなら戸建てがおすすめだし、転勤や諸事情で引っ越す可能性があるなら将来性のあるマンションがおすすめです。

そう考えると好立地の戸建てが一番おすすめってことになってしまいますけどそれまでに十分なお金を貯められるかって言われたら難しいですよね。

こんなたわいもない記事でしたが何かお役に立てたら幸いです。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました