消臭スプレーだけでは足りないサラリーマンの足臭対策。ニオイを劇的に軽減させる足や靴の最低限のケア方法。

住まい、生活

先日自分の足のニオイについに嫌気がさし、今まで何も対策してこなかった自分におさらばしてこれからは足臭人生と縁を切ろうと決意しました。

人前で靴を脱ぐのが嫌になります。

その上、家に帰っても家族に足が臭いキャラとして扱われるのは不本意なものです。

自分の足のニオイなのにこの不快なニオイ、何とかならないものか。

靴下は毎日洗濯したものを履いてるし、風呂に入ってるし当然足も洗っているはずなのに、自分の靴下から放たれる異常ともいえる異臭の原因はなんなのでしょう。

人は足の裏だけでコップ一杯分の汗をかく

足の裏には汗腺がたくさんあって、一日に約200CCの量の汗をかくと言われています。

200CCと言われてもあまりピンとこないですが、おおよそコップ一杯分の量です。

コップ一杯分って半端じゃない量ですよね。

そりゃ臭くなるわ・・・と思いたいところですが、なぜ人によって足のニオイにバラツキがあるのでしょう。

無臭までいかなくともせめて人並みになりたいものです。

足が臭い、臭くないの差は足の環境で違う

別にサラリーマンだから足が臭い訳じゃないんです。

毎日靴下を履いて、一日中、靴を履きっぱなしのような人と、主婦のように一日家の中で素足で過ごす人とでは、汗をかく量は同じでも足を取り巻く環境は異なります。

一日中靴を履いている人は蒸れるのは当然ですし、一日中素足の人や、靴を履かない時間帯が多い人よりは足を取り巻く環境が悪いですし、臭くなりがちなのは仕方のない事なのです。

毎日靴を履く人でも足が臭くない人がいるのはなぜ?

ではなぜ毎日靴を履くのに、足が臭い人、臭くない人に別れるのでしょう。

同じ条件なら同じ人間なんだからこんなに差が出るのは不思議ですがその答えは至ってシンプルな事に気付きました。

それは、きちんと足臭対策をしているか、していないかの違いです。

何も対策をしなければ臭くなるのは当然なのです。

そんな事で私でも出来る足臭対策を考えてみました。

靴下は綿100%素材のものを履く

まず一番先に改善すべきは、靴下の素材選びです。

結論から言うと、ポリエステル製やナイロン製などといった、化学繊維の靴下は綿の靴下に比べ、細菌が繁殖しやすい素材で、一日中靴を履く人にとっては化学繊維の靴下はまさに細菌の温床です。

なので靴下は多少割高でも綿(コットン)100%素材の靴下しか履かないようにします。

綿は通気性に優れていますし、吸汗性もあるようなので足のニオイの原因となる「蒸れ」の対策にもなります。

靴下の素材に無頓着だった私は綿100%素材の靴下を売っているお店を探すのに一苦労しましたが意外と身近なお店に売っていましたよ。

例えばファッションセンターしまむらや、イトーヨーカドーやジャスコの大手量販店の紳士服コーナーなどにあります。

もし本気で足臭を直したいと本気で考えてるならこちらの記事でも紹介していますが本気モードの靴下に履き替える事をおすすめします。

靴は2~3足をローテーションして毎日かえる

革靴は2~3足持ち、毎日ローテーションして履くようにします。

一日中履くと、靴の中の湿気はものすごい事になっていますから、靴を脱いでから最低でも24時間以上はおかないと乾燥しないらしい。

同じ靴を毎日履いていると靴の中の汗が蓄積されるわ、細菌は増えるわで大変な状況になるし靴も傷みやすくなるから毎日履かない方がいいのです。

ビジネス靴は合成皮革ではなく本革を履く

最近の合成皮革のビジネス靴は、よくできていて、もう一目見ただけでは本革なのか合成皮革なのか分からないですよね。

また、雨降りの時でも濡れても本革ではないので気にしなくてもいいですし、安いし、消耗品である故についつい合成皮革の靴を買ってしまいます。

でも合成皮革は通気性が悪いので、本革の靴に比べると足を取り巻く環境を悪化させるようです。

1足ずつでもいいから本革のビジネス靴を揃えたいものです。

靴の中の中敷きはこまめに替える

靴をローテーションすれば十分な乾燥時間を確保出来るのでこれで少しは改善します。

しかし忘れがちなのが中敷きの衛生面です。

思い返すと今使ってる中敷きっていつから靴の中に入れてるか分からない・・・。

恐る恐る中敷きを取り出してみるとつま先の部分にゴミなのかカビなのか得体の知れない物体が付着していてそのニオイは当然臭い。

中敷きをこまめに替えた事が無い私にとってまさに死角になっていたのです。

中敷きは臭くなる前にこまめに替えるか、数セットストックしておいて靴のようにローテーションして使うようにしました。

中敷きについて少し商品をご紹介したいと思います。

嫁が使っていたドクターショールの男性版

体臭関係の商品を多くリリースしているメーカーのドクターショール。

あんまりよく知らないメーカーでしたが、嫁がこのメーカーの中敷きを使っていて足が臭わない事を知っていた私はこの男性版を使ってます。

ドクターショール 強力消臭・抗菌 インソール 男女兼用フリーサイズ 1足分(2枚入)

使い心地は薄すぎず厚すぎずでスタンダードな使用感といったところ。

私の場合、中敷きだけではなく他に色々な対策を行っているのでこれで効果があったかどうか分かりませんが私の足はもう臭くありません。

「 オドイーター 」の足蒸に特化した中敷き

オドイーター 足ムレ対策 さらさらメッシュ インソール フリーサイズ20cm~28cm 1足

オドイーターは消臭に特化した中敷き、見た目に特化した中敷き、足蒸れに特化した中敷きを販売しています。

中でもこのメーカーの足蒸れに特化した中敷きは足裏に汗をかきやすい人におすすめな中敷きです。

靴を履くと多汗で足が靴下内で蒸れる・ヌルヌルするといった症状を軽減してくれます。

足自体にニオイが染みついている場合は

靴や靴下が臭いのもあるけど自分の足が、風呂上りでも匂うような時は足にニオイが染みついている事も考えられます。

そんな時でも落ち込む必要はありません、どの家庭にもある調味料の「酢」が結構効くんです。

酢には酸による強力な殺菌効果が期待できます。

入浴時に行う「酢」による足臭ケア

入浴時や帰宅時にでも洗面器に酢を適量入れ、お湯を足して足を浸してみてください。

これを2~3日続けて行うと足の嫌なニオイが改善する人が多いです。

しかし、この間、靴の環境も整えておかなかればなりません。

せっかく酢で足を殺菌、滅菌したのに、細菌が増殖した靴を毎日履いては意味がありません。

先ほどの話のように靴のローテーションだったり、靴下などの環境を整えてから「足の酢漬け」を行うと効果的でしょう。

足臭対策の市販品を使う時の心得

物は試しで時間があれば薬局へ行って自分に合う消臭グッズを探してみるのも良いでしょう。

ネットで話題のアニセ薬用石鹸専門店の石鹸やノーノースメルのクリームなどを試す前に身近な薬局で自分に効果がある商品に出会えるかもしれません。

体臭対策グッズって色々売っていますが万人に効果が見込めるかっていうとそうでもありません。

なぜなら人それぞれに生活スタイルが違うから。

一日中革靴を履いている人、一日中安全靴を履いている人、一日中スニーカーを履いている人、皆それぞれ足を取り巻く環境は異なります。

それに加えて個人の体質が関わってくる訳ですから「誰でも絶対効果があります」なんて商品はありません。

だから自分の体質とライフスタイルに合う商品を見つけるというか、そんな商品に出会わなきゃならないのですがだいたいの人が1個の商品で効果が無いと諦めてしまいます。

あと1回や2回使ったって効果はありません。信じて使い続けなければその商品の本当の効果の有無を判断出来ません。

そんな中、薬局で売っている市販品で私が出会ったおすすめのフットケアクリームについてこちらの記事でご紹介していますので薬局に行く前にご参考にしてみてください。

今から出来る長期的・短期的な足臭対策まとめ

最初はお金をかけずに今すぐ足臭対策をするのなら長期的な対策と短気的な対策を講じる必要がありますのでちょっとまとめてみました。

長期的な対策

☑靴下は安価な物ではなく、綿100%素材の物を履く

☑毎日靴は履き替える(2~3足をローテーションして靴をきちんと休ませ、乾燥させる)

☑中敷きはこまめに取替える(ニオイが移ったり、へたってきたら取り換える)

☑中敷きは帰宅したら靴の中から出し、乾燥させる

☑乾燥時は新聞紙や乾燥材などを靴の中に入れておく

短気的な対策

☑出勤時、帰宅時には靴に消臭スプレーを靴の中にかける

☑携帯用の靴消臭スプレーを持ち歩き、気になった都度スプレーする

☑10円玉を靴の中に入れる(常時入れていると効果上がります)

総じて

今回、自分の足のニオイに嫌気がさして足臭対策について本気で考えてみましたが、結果的に良かったと思います。

意識したり対策するだけでもこんなにも足の臭いが改善されるならもっと早くから真剣に考えれば良かったとも思っています。

足臭って、毎日靴を履く生活をしている限りその悩みは消えません。

これを機に「足の環境」を出来るだけ衛生的に保てるよう気を付けて過ごしたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました