スニーカー通勤のコーディネートのポイントはコレ♪お洒落に着こなして快適通勤ライフ(メンズ編)

最近はスーツにスニーカーというコーデで通勤するサラリーマンが増えてきました。
ご存じ、政府のスポーツ庁が発表した『FUN + WALK PROJECT』の影響も後押ししていると思います。

『FUN + WALK PROJECT』とは政府の推奨するプロジェクトで、次のように説明しています。
”気軽に取り組める「歩く」に着目し、さまざまな「楽しい」のきっかけと組み合わせることによって,「歩く」ことが「楽しく」なっていくことを目指します。”
軽快にジャンプするスニーカーを履いたビジネスマン.jpg
現在の20代~40代のビジネスパーソンの運動不足や、30代~50代の運動不足を認識している世代に向けて、「運動不足を解消しましょう」というプロジェクトなのです。
その第一弾として、「スニーカー通勤」などといった歩きやすい服装での通勤奨励などが2018年3月からいよいよ始まるのです。
style=”display:block; text-align:center;”
data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-5206318585032751″
data-ad-slot=”3093324946″>

そもそもスーツにスニーカーって合うの??

コーヒーカップを片手に考える男性.jpg
個人的な意見ですが、私はスニーカー通勤は大賛成で、早く社会に浸透してほしいと思っています。
現に私は既にスニーカー通勤を始めていますしね(^^;
しかし人によっては、スニーカー通勤はしてみたいけど、スーツ姿にスニーカーを履くイメージが沸かない方や、スーツに似合わないって感じている方なんかもまだ多いのではないでしょうか。
確かに何も考えずにスーツ姿のまま、革靴からスニーカーに替えるだけだと違和感がある人もいます。
その原因は、パンツ(スラックス)のシルエットが影響しているからなのです。
全体的なシルエットのバランスは非常に大切です。
間違ったコーデをしてしまうと、サザエさんに出てくるような極端に靴の小さいサラリーマンのようなシルエットになりがちなので気を付けましょう(^^;
普段からスリムタイプのパンツ(スラックス)を履いている方は、スニーカーに履き替えても特に違和感はありません。
しかし、一昔前のパンツ(スラックス)の裾幅は広い為に、スニーカーを履くと何となく違和感というか、全然似合いません(^^;
スーツ姿にスニーカーというコーデがしっくりとこないと感じている方は、この機会にパンツ(スラックス)をスリムまでいかなくとも、普段よりも細めな物を購入してみてはいかがでしょうか。
私は裾幅18㎝位のパンツを履いていますが、裾幅が20㎝以下のパンツを選ぶ事がポイントです。
パンツの形はスリムストレートがいいでしょう。

スニーカースタイルはパンツの丈の長さが肝心

ワンポイントアドバイスするおかっぱ頭の女の子.jpg
スニーカー通勤のコーデの件で、先ほど、パンツのシルエットは細めがいいと言いましたが、今のパンツの丈の長さは、革靴を履く前提で丈詰めした長さです。
スニーカーを履いた時に、かかとの上でパンツの丈が余ってしまっていませんか?
ましてや、丈の長さは「少し長めが好き」という方は特にそうだと思いますが、スニーカースタイルでは丈の長さは短めがしっくりときます。
鏡の前に立って、スニーカー着用時に、パンツの裾が余っているようであれば、裾をスニーカースタイル用に丈直ししてみましょう。

まずは無難なカラーのスニーカーから始めよう

カラーバリエーションが豊富に揃えられたスニーカー.jpg
パンツシルエット、裾丈の長さを適正に調節したら基本的にスニーカーを履いても違和感はありませんので思い切ってスニーカー通勤デビューをしてみましょう。
誰でも新しい事を始める時は誰でも多少の不安はありますが、コーデを間違えなければ第三者から見ても変ではないので自信を持って始める事です。
ちなみに私はスニーカー通勤初日から今日まで、革靴から解き放たれた解放感と、スニーカーならではの歩きやすさ、軽快さを堪能し、まさに快適通勤ライフを過ごしています。
スニーカーのカラーはアパレル関係職ではない限り、派手な色やデザインの物は避けて、グレーや、ブラック、ネイビー系の単色か、使っても2色までの色合いのスニーカーをチョイスした方が良いでしょう。
スニーカーの色が目立つのはNGで、着用するスーツの色にスニーカーの色を合わせるような感じから始めてみてください。
style=”display:block; text-align:center;”
data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-5206318585032751″
data-ad-slot=”3093324946″>

通勤スニーカーにおすすめのスニーカー

今時のベンチャー企業で和気藹々とミーティングする社員.jpg
私は通勤スニーカーはデザイン性よりも、機能性を重視しています。
せっかくなら歩きやすく、たまに走っても走りやすいランニングシューズやジョギングシューズ系で且つ格好いいスニーカーがいいですよね(^^♪
まずおすすめしたいのは、NIKE(ナイキ)のワッフルレーサー17
軽量で薄型のシルエットですが、ソールのデザインで少しボリュームを持たせているのでスーツスタイルにコーデしやすいです。
このソールのデザインは、単に見た目だけでなく、ワッフルアウトソールといい、高いクッション性があるので長時間履いても疲れないですし、固いアスファルトの上を歩いている感じがしません。
一度履いたらまたリピートしたくなる心地良い履き心地のスニーカーです。
そして、NIKE(ナイキ)のタンジュンシリーズの、タンジュンプレミアムもおすすめしたいスニーカー。
スッキリとしたシルエットが特徴のタンジュン。
一見、エアーも入ってないし、ソールも普通そうだしどうなの?って思っている方もいると思いますが、結構ソールに厚みがあって、履いてみると、これまたクッション性が優秀なスニーカー。
シンプルなデザインでコーディネートしやすく、その履きやすさからナイキの中でもタンジュンは売れ筋の商品なのです。
中でもこのデザインは、ソールも含めてオールブラックなので見た目にも、革靴からの移行もしやすいのもお勧めのポイント。
とにかく履いた瞬間に歩くのが楽しくなる履き心地です。
次にアディダス(adidas)のスニーカーからおすすめするのはロサンゼルス
ロサンゼルスとは、1984年開催のロサンゼルスオリンピックにあわせて開発された”LA トレーナー(LA TRAINER)”というモデルの後継モデルです。
個人的にはアディダスのスニーカーでは、このロサンゼスの前モデルであるLAトレーナーと、ZXシリーズが好きなのですが、ロサンゼルスはLAトレーナーと同じく全体的なシルエット、形がとてもいいです。
ミッドソールはやわらかく衝撃吸収にすぐれたEVAフォームを採用するなど、基本的にランニング出来る仕様なので通勤やウォーキング時の履き心地は間違いありません。
ちなみに私は足の幅が若干広いので、ナイキ、アディダスともに、普段より0.5サイズアップした物を購入してピッタリという感じです。
何はともあれ、スニーカー通勤スタイルを始めると革靴を買うよりコストも安くなりますし「スニーカーを選ぶ楽しみ」が増えます。
スニーカースタイルの味を占めた私は次は何買おうかな~なんてしょっちゅうネット見てます(^^;)
ABCマートのオンラインストアでは結構セールもやっていて割安で買える時もあるのでたまにチェックするのもいいでしょう。
本当は、先程おすすめした靴の商品リンクを貼れば良かったのですが、せっかく見てもリンク切れになっていると申し訳ないですから、ABCマートのような量販店のサイトで色々と見て安く購入出来るのが一番かなと思います。

仕事柄、脱ぎ履きが多い場合はZubits(ズービッツ)がおすすめ

スニーカー通勤は楽だけど、革靴を履いていた頃と比べて不便な点が無い訳ではありません。
それは靴紐結びです。
どうしても職業柄お客様の自宅の中へ上がるシーンが多い場合は、脱ぎ履きに関しては正直、スニーカーよりも革靴の方が楽ですよね。
玄関で靴を履く時に、お客様に見られながらの紐結びには抵抗があるのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、Zubits(ズービッツ)。ますは紹介動画をご覧ください。
これをスニーカーにセットする事で靴紐で毎回締める必要はなく、マグネットの磁力を利用してワンタッチで締める事が可能になります。
しかも一度自分の好みにあった締め具合で調整すれば、締め感にバラツキはなく、ワンタッチで毎回同じ締まり具合でスニーカーを履く事ができるのです。
価格は類似商品(マグネット式)に比べて割高ですが、価格が高い分、締まりも良く、マグネットの磁力も協力で安定感があります

(Zubits)Zubits ズービッツ White(白) Lサイズ

安めのものだとマグネットの磁力が弱いので歩いていたり、走ったりした時にマグネットが外れてしまいます。
この手のアイテムは値段相応のスペックと考えて間違いないでしょう。

総じて

通勤スニーカーのコーデで本記事のポイントをまとめると次のようになります。
☑スリムストレートのパンツを履く
☑裾幅は18㎝~20㎝位のパンツがいい
☑裾は短めのスタイルがいい
☑色はブラック、ネイビー、グレー等が無難
『FUN + WALK PROJECT』はとてもいいプロジェクトだと思います。
今後間違いなくスニーカーで通勤する人は増加し、スーツ姿にスニーカーというコーディネートスタイルは定番のスタイルとして定着していくと思います。
冠婚葬祭のようなシーンではさすがにスニーカーは抵抗ありますが、運動不足解消という点から考えても早い段階からスニーカー通勤を始めてみてはいかがでしょうか。
お読みいただきまして、ありがとうございました。
style=”display:block; text-align:center;”
data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-5206318585032751″
data-ad-slot=”3093324946″>