リキッド注入タイプのプルームテック互換カートリッジ!5本セットでコスパが良いと評判の「Eleovo」を使ってみました

プルームテックの互換カートリッジといえば、私は好きなリキッドで楽しめるアトマイザータイプのカートリッジを使っています。

過去記事でも紹介していますが、リキッドを注入出来るタイプのアトマイザーを使ってプルームテックを吸うと、純正品では比べ物にならないくらいの煙量を堪能できます。
私は一度気に入った物は何度もリピートして購入する派なんですが、いつも購入しているカートリッジ(上記過去記事で紹介しています)の価格が人気が出たのかどうか分かりませんが、値上げされていたので他の商品を探す事にしたのです。
結論から言いますと、同じくらいの価格で5本セットで購入出来るカートリッジを見つけたので、物は試しで購入する事にしました。
個人的な感想ですが、使用レビューを記事にしましたので、プルームテックをリキッドで楽しみたいけどカートリッジ選びに迷ってる方は参考にしてみてください。

今回購入した互換カートリッジは「eleovo 互換カートリッジ」

elevo プルームテック互換アトマイザー (8).JPG
今まで3本セットのカートリッジを買っていたので5本セットの量を見ると非常にお得感を感じます。
この手のカートリッジはリキッド注入式なので、コイルが駄目になると味が変になり交換しなくてはなりません。
どのくらいの期間でコイルが駄目になるかというと、カートリッジを10回くらい使ったら交換というのが目安なのですが、もちろんカートリッジには当たりハズレがあるので5回程度の使用で味が変になる時もありました。
そういった事例もあるので5本セットだと心強いものです。
それでは中身を確認したいと思います。

中身は衛生的な個別包装+アフターサービスカードが入っています

elevo プルームテック互換アトマイザー (9).JPG
個別包装は特に珍しいものではありませんが、アフターサービスカードという商品保証の案内が入っていました。
elevo プルームテック互換アトマイザー (10).JPG
内容を簡単に要約すると、商品ページ記載の保証期間(私が購入した時は60日間)の間、製品に問題があった場合はちゃんと保証しますよと書かれています。
わざわざこのようなカードを作成して同封するところに親切感というか、誠実さを感じるのは私だけでしょうか。

このアトマイザー式互換カートリッジの使い方

それではこのカートリッジを使ってプルームテックのたばこカプセルを吸ってみたいと思いますので早速、包装紙からカートリッジを取り出します。
elevo プルームテック互換アトマイザー (11).JPG
付属の衛生キャップ2つを取り外します。
elevo プルームテック互換アトマイザー (12).JPG
カートリッジには透明の窓がついていて、メモリ付きなのでリキッドの残量が分かりやすいですね。
elevo プルームテック互換アトマイザー (13).JPG
吸い口にはこのような白いキャップがついていますが、プルームテックのたばこカプセルを使う場合、これは不要なので外しましょう。
elevo プルームテック互換アトマイザー (14).JPG
外すとこんな感じになります。
elevo プルームテック互換アトマイザー (15).JPG
そしてたばこカプセルを装着します。
elevo プルームテック互換アトマイザー (16).JPG
次に吸い口とは反対側(バッテリーと装着する側)のコイルを回して取り外します。
elevo プルームテック互換アトマイザー (18).JPG
これからカートリッジ内にリキッドを入れるのですが、カートリッジ内の真ん中の穴にはリキッドが入らないように外側から少しずつ入れましょう。
elevo プルームテック互換アトマイザー (1).JPG
今回はBI-SOのグリーンアップル味のリキッドをベースに、カミカゼの零式というハードなメンソールリキッドを数滴混ぜてみます。
elevo プルームテック互換アトマイザー (2).JPG
リキッドを入れる量は、一番上のメモリ下あたりまで入れます。
elevo プルームテック互換アトマイザー (4).JPG
カートリッジを初めて使う時(1回目)は、コイルにリキッドが染みこむまで待たないと焦げて使用不能になってしまうので10分程度、コイルを下にして放置しましょう。ちなみに2回目以降はこの放置不要です。
elevo プルームテック互換アトマイザー (5).JPG
リキッドがコイルに染みこんだら、バッテリーに装着します。
elevo プルームテック互換アトマイザー (6).JPG
これでセットは完了です。
elevo プルームテック互換アトマイザー (7).JPG

Eleovo 互換カートリッジの使用感想

煙の量はRIQのカートリッジと、ほぼ変わらないです。もちろん純正カートリッジと比べたら爆煙ですね。(VAPEほどではありません、プルームテック純正と比べたらの話です)
まだ1本目なので何とも言えませんが、たばこカプセルのニコチンのガツンとくる感じは、RIQを初めて吸った時ほどの感動は無いかな。
でも単にリキッド注入式のカートリッジに慣れてしまっただけかもしれないのでどちらが良いかって聞かれても甲乙つけがたいといったところです。
でもこれ、零式メンソール混ぜたからか、メンソール感がやけに爽快です。
やっぱり好きなリキッドフレーバーに、メンソールリキッドは欠かせないですね。1本持っておくと何か物足りない時にこのメンソールで割る事により喉にほどよい刺激を与えてくれて結果、吸った感が向上します。

電子タバコ KAMIKAZE 零式 15ml

総じて

今回ご紹介した商品はこちら

プルームテック PloomTech 互換 アトマイザー リキッド注入要 カプセル対応可 5本入り シーテック Eleovo

一番のメリットは内容量です。3本と5本ではコスパが違います。
使った感じもそこまでRIQカートリッジと変わらないような気がしますので、特にこだわりがなければEleovoカートリッジでも問題ありません。
この手のカートリッジは安いものを探せばもっとありますが、価格が低くなるにつれて品質ってどうなのかな?という不安もありますので今のところ、このくらいの価格帯が今の自分には丁度良いと思っています。
小遣い制だとカートリッジ選びも大変なんです(^^;)
お読みいただきまして、ありがとうございました。