ワイシャツの首がキツい!「あと2㎝余裕があったらいいのに・・」を実現できるお助けアイテムはこれ!

普段ネクタイを締めている時は、ネクタイで見えない第一ボタンは外しています。何故かって、第一ボタンまで締めると一日中、首を絞められているみたいにきつくて嫌だからです。

最近はノーネクタイでもOKな会社やお客様も増えてきたので、ノータイ、ワイシャツ仕様で出勤する事も多くなりました。

しかしここで一つ問題が出てきました。

第一ボタンを外すと見栄えが悪くなる

ワイシャツの第一ボタンを外すサラリーマン.jpg

 

ネクタイをしないだけで、こんなにもだらしなく見えてしまうのは何故だろうと鏡の前で考えました。

 

すぐに判明したのは、私の場合に限ってかもしれませんが、第一ボタンを外していたからです。

 

ネクタイを締めていた時は、第一ボタンを外していても、ネクタイでキュッと締めていたのでワイシャツの襟が横に開くのを抑制されていましたが、ノータイの場合はそうもいかないのですね(^^;)

 

じゃあ第一ボタンまでしっかり締めればいいかと思いきや、第一ボタンまで締めると首が苦しいのです。

 

ジャストサイズだと思っていた自分のワイシャツの襟まわりのサイズは、あくまで第一ボタンを開けている状態でのサイズだったのです。

 

ワイシャツの襟まわりサイズの選び方とは?

スーツを着たサラリーマン.jpg

 

スーツ販売店で働く友人に聞くと、ワイシャツは、自分の襟周りのジャストなサイズから2㎝余裕を持たせたサイズのものを買うと良いとのこと。

今さらですが、この基本は知っているようで知りませんでした。

 

今までワイシャツを買っていたお店の店員さんも、この基本を教えてくれれば良かったのに・・。

 

基本的にワイシャツの首まわりや袖の長さって、基本はあるけど、人によって好みがあるから店員さんも一概には「こうなんです」とは言いずらいのかもしれませんね。

 

首まわりがキツいのは嫌だけどどうしたらいい??

悩みがあって仕事に集中できないサラリーマン.jpg

 

なので今自分が持っているクローゼットの中のワイシャツは、第一ボタンまで締めると首がかなりきついサイズのものとなり、第一ボタンまで締めるとなると、ワイシャツを全て買い直さないといけません。

ワイシャツもスタンダードなもので3,000円~5,000円、少なくとも3着~4着で着回したいので買い直すとしたらワイシャツ代が最低でも10,000円以上かかります。

 

なかなか小遣い制の私にとって10,000円以上もかかる買い物を急には出来ません。

 

もちろん家計から出してもらったとしても、せいぜい1着分のカンパとして2,000円くらい(^^;)

 

ワイシャツの首まわりも、本当にあと2㎝余裕あるだけで全然違うのに、このたかが2㎝の為にやっぱり1万以上も出せません。

 

今あるワイシャツだって、まだヘタってないしまだ着れるからもったいないので何かいい便利アイテムを探す事を決断しました。

 

ワイシャツの首回りをちょっと伸ばす便利アイテム

ミニノビル (2).JPG

 

これ、今の私の悩みにとってジャストな解決アイテムなので即買いしてしまいました。

使い方は簡単、外してある第一ボタンに、このミニノビルの輪を引っ掛けて、ミニノビルのボタンを、本来第一ボタンをはめるボタン穴につけるだけ。

 

ミニノビル (1).JPG

 

これだけで首回りに2㎝の余裕ができます。

 

ちなみに袖のカフスにも使えるみたいですよ。

 

色はブラックとホワイトがありましたが、ホワイトの方が無難です。

 

ボタンの素材はワイシャツのボタンの素材と同じようなもので、輪っかはシリコン素材です。汚れが付いたら洗って綺麗になるみたいですよ。

 

ミニノビル (3).JPG

 

このミニノビルのおかげで、ワイシャツを買い直す費用も抑える事ができたので得した気分です。

 

しかも第一ボタンを開けている状態でも、このミニノビルをセットすれば襟が開き過ぎる事もなく、見栄えも普通に見えます。

これで堂々とノータイ出勤ができます。

 

総じて

今回ご紹介した商品はこちら

きついワイシャツ ブラウスの襟、袖のサイズを伸ばす。「ネックサイズ伸ばーす 」 ホワイト【05476】

 

私と同じようなワイシャツの悩みをお持ちの方にはかなりおすすめです。

 

わずか数百円で解決する悩みもあるものなのですね(^^;)
小さいアイテムなので洗濯に出す時とか、無くさないように気を付ければ、しばらくは使えそうな耐久性もある商品だと思います。
お読みいただきまして、ありがとうございました。