DVDを全巻コンプリートしたくなる!過去に放送されたアラフォー世代におすすめのドラマ。

過去に放送した名作ドラマ5選。仕事に家庭に何かと多忙なアラフォー世代だからこそもう一度見たいおすすめのドラマをご紹介します。

最近ドラマは見ていますか?

ドラマっていつの時代も一度見たら毎週次回が楽しみになってついつい見入ってしまいますよね。

そんな時に仕事や家事に追われて見逃したり録画を忘れたりしてしまうと本当に落ち込んでしまいます。

私にとってドラマを見てる時は自宅で出来る唯一のリラックス出来る時間というか現実逃避出来る貴重な時間です。

今まで数々のドラマを見てきましたが、未だに自分の中で心に残ったドラマを勝手に5つ選んでみましたのでご興味がありましたらご覧ください。

恋ノチカラ

30代以上の未婚層におすすめ!既婚層が見ても独身時代の最後の青春を思い出す大人の胸キュンラブコメディードラマ。

フジテレビで2002年に放送された連続ドラマです。

このドラマは男性である私が見ても「分かるわ~」と思って毎週放送を楽しみにしていたくらいですから、女性が見たらもっと面白いと思います。

主人公はあくまで堤真一さんですが、裏主人公はむしろ深津絵里さんの方でドラマを見ながらついつい深津絵里さん演じる籐子を応援してしまうんです。

大手広告代理店を辞めて独立して小さな広告代理店の社長となった堤真一さん演じる主人公と深津絵里さん演じるどこにでもいそうな30代独身女性のラブコメディードラマです。

堤さんと深津さんの絶妙な距離感と独特な間合いでとにかく笑わしてもらいました。

また、主人公の大手広告代理店勤続時代の上司を演じる西村雅彦さんまで会社を辞めて元部下にあたる主人公の会社に入社するという流れも立場が逆転して社会人的には見物ですよ。

主人公の部下には坂口憲二さんも主演していて全体的にバランスの取れたキャスティングになっていて顔ぶれ的にも見飽きないところもおすすめです。

話の道筋や構成もとてもよくテンポがいいから見ていて飽きないし「もう1話見てから寝よう」が増えて寝不足になりがちになるかもしれません笑

堤真一さん主演ドラマで「やまとなでしこ」という代表作がありますが、何とも言えないやまとなでしこの「せつなさ」に「笑い」を加えたようなドラマがこの「恋ノチカラ」の特徴でしょう。

ロングバケーション

誰もが望むハッピーエンドだから見る側も幸せになれる!男女問わず後生に残したい綺麗で格好良い恋愛ドラマ。

フジテレビで1996年に放送された連続ドラマです。

木村拓哉さん演じる瀬名(セナ)と山口智子さん演じる南(ミナミ)の純愛ラブストーリーです。

このドラマを見て主人公と同じように将来ピアニストになりたいって子どもがどれだけいたでしょうか。

木村拓哉さんが出演するドラマは他にもビューティフルライフやHEROなど数々の名作がありますが個人的に木村拓哉さん演じるドラマで一番好きなのはこの”ロンバケ”です。

相手役の山口智子さんもこの人にしか出来ない演技でドラマ自体を一回りも二回りも厚みを持たせてくれました。

このドラマは数々の名言や名シーンを残してくれましたが私が一番好きなシーンは主人公の瀬名がマンションの窓から落として地面から跳ね返ったスーパーボールをキャッチしたシーンです。

何ともないシーンかもしれませんが私の心にはあのシーンが今でも鮮明に記憶されていますし、学生時代にあれほど”都会に住みたい”と思った事はありません。

ドラマって途中は楽しくてもエンディングがいまいちだったり、不本意な終わり方をする作品が多い中、このロンバケだけは予想通りのハッピーエンドでも本当にすがすがしい気分になれるハッピーエンドなんです。

最後まで見て良かったな~と心から思える名作ドラマです。

若者のすべて

まだとがっていたあの頃の自分を思い出す不器用な男女の友情ドラマ。

フジテレビで1994年に放送された連続ドラマです。

地元の幼馴染みの男女6人のそれぞれの生き方や人生観、苦悩や挫折、恋愛、友情などを描いた青春ドラマの代表作です。

同じような青春ドラマに”未成年”というこれまたいいドラマがあるのですが、個人的にはこちらの若者のすべてに心を動かされた人間です。

萩原聖人さんと木村拓哉さんのダブル主演に加えて武田真治さん、深津絵里さん、鈴木杏樹さんなど今考えるとキャストも個性派揃いです。

とにかく萩原聖人さんと木村拓哉さんの演じる主人公2人の雰囲気や仕草が格好良くて仕方無いです。

ドラマを盛り上げる主題歌はあのMr.childrenの大ヒット曲「TOMORROW NEVER NOSE」。

この曲はただでさえ歌詞に深い意味や重みがあって曲を聴いた多くの人達の共感があって大ヒットした曲ですがこのドラマの影響もあって更にヒットしたのでしょう。

このドラマは主人公2人を中心にそれぞれ抱えた思いや悩みがあるので登場人物の誰に共感するかによってドラマの見方が変わる見応えのある作品です。

特に最終回では誰もが期待するエンディングとは違った衝撃のラストシーンが用意されています。

ビーチボーイズ

「明日からまた頑張ろう!」と思える!自由奔放に生きる2人の主人公姿が現代のストレス社会で頑張る自分に活気を与えてくれるドラマ。

フジテレビで1997年に放送された連続ドラマです。

まだイケイケの雰囲気が漂う若かりし頃の反町隆史さんと竹野内豊さんのダブル主演による南国の海の民宿で繰り広げる大人の青春ドラマです。

このドラマを見るとやっぱり本当に男友達っていいな~と思いますね。

プー太郎で自由奔放な反町隆史さん演じる桜井広海とは性格も生き方も正反対の竹野内豊さん演じる元大手商社のサラリーマン鈴木海都。

似ても似つかない2人ですがいつからかお互いを認め合い距離が縮まっていつからかコンビのようになってしまう過程が見ていて面白かったです。

このドラマは海を舞台にしているせいか、サラリーマン生活に疲れている時、現実逃避をしたくなる時、辛い時や落ち込んでいる時に見返すと自分もドラマの中の南国にいるような気がして気分が晴れます。

今はこんな状況だけど、「自分にもこんな時あったな~」としみじみとすると同時に「また楽しい時間を過ごしたい!」と思うようになり、その為にまた明日から頑張れるような気力ももらえます。

とにかくDVDでメンタル面を休ませたい・ゆっくりしたいという方にはおすすめのドラマですね。

流星ワゴン

何回見ても空を見上げたくなるような気持ちになる。家庭と子を持つ男性に見てほしいナンバー1のドラマです。

TBSで2015年に放送された連続ドラマです。

このドラマは重松清原さんの100万部突破のベストセラー小説を西島秀俊さんと香川照之 が主演でドラマ化したものです。

私が今まで見てきたドラマの中でこのドラマだけは別格でした。

家族を幸せにしたい、暖かい家庭を築きたいという一心で真面目に生きていても自分の理想や希望通りにならない西島俊之さん演じる主人公の心情が痛いほど伝わってきます。

妻の事、子どもの事、家庭というのは自分の知らないところでほんのちょっとした事がきっかけで一瞬にして崩れてしまうという事をこのドラマを通じて学ぶ事が出来ました。

父親のようにはなりたくない、自分は父親とは違う家庭を築きたいという願いとは裏腹に自分も「家庭崩壊」という落とし穴に落ちそうになりながらも諦めずに必死に軌道修正を試みる主人公の姿があります。

反面教師のはずだった香川照之さん演じる永田忠雄(通称:ちゅーさん) が息子である西島秀俊さん演じる永田一雄に自らの行動をもって教えた事はドラマを見ていた私自身の胸にもしっかりと刻まれました。

私はこのドラマを見て、子どもに対して自分は親として「何を、どのようにして」物事を教えていけばいいのかを深く考えさせられました。

例えばもし、子どもが学校でいじめにあっていたら・・その事実を知った時、父親としてどうしますか?

私はこのドラマを見る前と見た後で、この問いに対しての答えが大きく変化しました。

それほど影響を受けたドラマなのです。

私と同じように妻や子を持つ男性には是非見ていただきたいおすすめのドラマです。

総じて

今回ご紹介したドラマは放送時期が1994年~2015年までとバラバラですがどれもいい作品なんです。

若い頃の楽しかった自分を思い出したい時は「若者のすべて」や「ビーチボーイズ」がおすすめです。

ほっこりしたい気分の時は「恋ノチカラ」と「ロングバケーション」がいいですね。

それでお子さんを持つ方には「流星ワゴン」が一番おすすめ。このドラマだけは格が違います。

アラフォー世代は忙しいかもしれませんが、毎日1話ずつでも時間を確保出来るなら過去に話題となったドラマでも見て休息してみてはいかがでしょう。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です