実際にやってきました。非正規店のiPhone修理店で交換した液晶とバッテリーはアップルの純正品と比べてこうだった!

iPhoneの液晶ガラスとバッテリーをアップルではなく、いわゆる民間の「非正規店」で交換してきました。

つい先日に未だ大切に使っているiPhone6を落としてボディーに傷が付いてしまったのにまたやってしまいました。

落としたiPhoneの液晶を見てみると見事に割れていました。

いつも人一倍スマホを大切に扱っている私にとってこんな割れ方をしたのは私のスマホ所有期間至上初めての経験です。

結果から言うと私はアップルではなく、その辺にあるiPhoneの修理店で液晶ガラスと併せてバッテリーも交換したのです。

今後私と同じようにiPhoneの修理を正規店であるアップルに出すか出さないか迷う方の為に、私の経験を判断材料としてご参考にしてみてくださいね。

iPhone修理は正規店派?非正規店派?

まずはここから話したいと思いますが、そもそも本来私は非正規店に興味は無くもし修理に出すならアップルに出そうと思っていた派なんです。

安い物なら話は別ですが、価格が高いデバイスや電化製品って「純正品」に信用や安心感を感じています。

次々にiPhoneの新モデルが販売される中、現状のiPhone6に特に不満の無かった私は行く行くはバッテリー交換もしてこれからも使う予定でしたからね。

非正規店に修理を依頼した理由

でもなぜ今回非正規店に修理を依頼したかというと、一番の理由は「修理の早さ」です。

iPhoneを落とした→割れた→割れ方がひどくて触ると危険→早く直したい。

こんなフローだとアップルの正規取扱店に行っても来店予約やらデータバックアップやら手続きやら色々やっている時間が無いし心情的にそのような事が煩わしく感じてしまったのです。

一方、正規店でなくてもiPhoneの修理に対応しているお店を最寄りの地域で探してみると即日対応、15分~60分程度と持ち込んだその日に直してくれるというのです。

そのような理由から修理代金の安さではなく、修理対応の早さにメリットを感じて非正規店に持ち込んで直す事を決めたのです。

非正規店で扱う液晶ガラスやバッテリーの製造国は?

正規店なら純正品で安心しますが非正規店ともなれば製造国が気になります。

私の交換した修理店の場合、液晶ガラスもバッテリーも中国製でした。

まあだいたいこのような互換製品は中国製が多いですからこれも想定範囲ですね。

ネットでググってみても中国製の液晶ガラスもハッキリと見えるし画面が綺麗!と掲載されていたのを見ましたからそんなに不安ではなかったです。

非正規店でiPhone修理にかかった費用

私が持ち込んだお店は液晶交換が4,500円・バッテリー交換が5,800円なので合計10,300円でした。

ちなみにバッテリー交換と液晶交換を同時に依頼したという事で特別に9,000円にしていただきました。

iPhone6が古い機種という事もりますがそれでもアップルに比べるとずいぶんと割安価格で液晶とバッテリーを交換出来たのです。

一応修理前に店員さんに「中国製でも大丈夫なんですか??」って確認しましたど「特に不具合やバッテリーの発熱、爆発などしたというご連絡は一度も無い」と言われたので大丈夫なんだろうと思います。

非正規店で修理を出した正直な感想

そんなこんなで非正規店でiPhone6の液晶交換とバッテリー交換をしてきましたがその感想を話したいと思います。

液晶画面の色味は変になってしまった

これは見え方や感じ方に個人差があるので何とも言えませんが、私の感覚で言わせてもらうと色味がなんか薄くなったというか、黄色みがかったというか・・。

見慣れているホーム画面にある電話のアイコンやアプリのアイコンを見れば交換前と交換後の色味の違いがよく分かります。

どう見ても発色が交換前と比べて明らかに薄くなっています。

あと全体的にブルーライトカットのフィルムを貼っている時のような、少し黄色みがかっているような感じがします。

画面タッチの反応はあまり変化なし

ちょっと心配になってタッチの反応もおかしくなったのでは?と思い指を滑らせて確認しましたが多分大丈夫です。

気のせいか、文字を打つ時の変換速度が自分の速さについてこなくなったような気もしますが、気にしすぎかもしれません。

画面の厚みは若干厚くなった

これは純正品ではないので仕方ないですが、横からよーく見ると交換前と比べて液晶は若干厚くなっています。

これは普通に使う分には何ら支障はないかと思います。

バッテリー交換したけど電池の減りが変わらない

バッテリーの交換もしましたが正直これは不満です。

だってバッテリー交換前と交換後で電池の減り方が全く変わらないんですもん。

本当に交換したの?って疑うレベルですね。若しくは中国製のバッテリーがよほどの粗悪品だったのかどちらかです。

バッテリーが発熱する事が多くなった

元々長くネットを見てたりするとスマホに熱を持つ事は経験していますが、この非正規バッテリーに交換してからその頻度が多くなったような気がしますね。

バッテリーの発熱は恐いです。VAPEでも粗悪バッテリーからの発熱や爆発事故が海外で起こっているのでこれだけは今でも心配です。

総じて

今回iPhoneの非正規店による液晶とバッテリー交換について改めて振り返ってみると正直「失敗したな」というのが感想です。

ただ私のように仕事中やアップル正規店に行く時間がない人にとっては、即日対応という最大のメリットを得る事が出来ます。

私が今回「失敗」だと判断した理由はこの記事の感想を見ていただければ分かってもらえるかと思いますがお店を責める事は出来ないです。

なぜなら安いからであり、結局「安かろう悪かろう」なんです。

今回、まんまと安物買いの銭失い的な目に遭ってしまいましたが全ての非正規店がこうでないと思っています。

また全ての互換品が悪い訳ではなく、中には純正品を超えるスペックを持つ互換品だってあるはずです。

しかしそのような優良互換品で修理してもらえるかどうかの判断は難しく、結局のところ心配だったら面倒でも正規店のアップルに修理を出す事をおすすめします。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です