『本当にニコチン入っていない?』禁煙中にどうしても吸いたくなったらおすすめのAir mist(エアーミスト)をレビューします。

電子タバコ

ついに『NICOLESS VAPE』以来の衝撃的な使い捨て電子たばこを見つけてしまいました。元々有名だったのでしょうか?私が最近知っただけなのか分かりませんがとにかく「吸った感」や「満足度」が高く衝撃的だったAir mist(エアーミスト)という商品をご紹介及びレビューしたいと思います。

個人的な感想ですが、Air mist(エアーミスト)はまさに禁煙中、どうしても吸いたくなったり、くじけそうになった人に一番おすすめしたい使い捨て電子タバコになります。

開発・販売者はそのような目的で作っていないかもしれませんが、元喫煙者で禁煙に苦労した私がここまで絶賛する禁煙アイテムは過去にNICOLESS VAPEとこのAir mistだけです。

禁煙すると本当にいいことしかありません。お金を使わないのでお金が減らない・お金が減らないから生活が1ランクアップする・健康になる・家族には歓迎される・吸う場所を探すストレスが無くなる・その他いいことだらけです。

だから本記事は禁煙中若しくは禁煙に挑戦しようとしている方に向けて作成した記事なのでそれを踏まえてお読みください。

『Air mist(エアーミスト)』はどこに売っている?

エアーミスト(Air mist)使い捨て電子タバコ

この『Air mist(エアーミスト)』、私はたまたま薬局であるマツモトキヨシで見つけて購入しましたが、『NICOLESS VAPE』が売っていたコンビニ、ファミリーマートで探してみたましたが売っていませんでした。

その他のコンビニでは売っているのか確認しておりませんがドン・キホーテやネットでは購入出来るようです

『Air mist(エアーミスト)』は本記事でご紹介している通常のサイズ版と、コンパクト版の『New Air mini (ニューエアーミニ)』があるようです。

その違いは大きさもそうですが、リキッドの内容量です。『New Air mini (ニューエアーミニ)』のリキッド量が1.3㎖に対して『Air mist(エアーミスト)』のリキッド内容量は約4倍相当量の5㎖です。

値段はですね、amazonや楽天などで送料込み2,000円~2,200円位で販売されています。たしかマツモトキヨシで買った時も2,000円位でした。

「2,000円?高い!」と思った方・・・高いですよね笑 私もはじめに店頭で『Air mist(エアーミスト)』を見つけたときはそう思い一度はスルーしましたからね。

だって『NICOLESS VAPE』で十分満足しているから。でもどうしても気になり、また『Air mist(エアーミスト)』のコーナーに戻ってきてしまい、その場でフリーズ状態・・・でも気付いたら買ってしまっている自分がおりました。

使い捨て電子たばこや使い捨てVAPEといえば1,000円前後、高くても1,500円位が予算の目安ですが堂々とそれに自信満々に2,000円で売られている『Air mist(エアーミスト)』を試さずにはいられなかったようです。

『Air mist(エアーミスト)』の使い方は?

エアーミスト(Air mist)使い捨て電子タバコ

『Air mist(エアーミスト)』も要するに使い捨て電子タバコ、使い方は簡単です。

電源のオンオフや充電は必要ありません。化粧箱から本体を取り出し、電子タバコの吸い口のキャップと底面にセットされているキャップを外して吸うだけです。

↓こんな感じです。使い方というよりも開けて吸うだけです。

本体はどちらかというとコンパクトというよりはボリューミーです。でも丸くて程よい大きさなので握りやすいせいか意外と好きなフォルムかも。あと「スリムではない」という諦めからか、持ち歩いていても邪魔とは思わない不思議な感覚です。

えーっと使い方の説明はもう特にありません。箱から出し、袋から出してキャップを外して吸うだけです。

昔は本格的なVAPEを色々使っていましたが、この扱いやすさを知ってしまうと掃除やメンテナンスが必要なVAPEにはもう戻れませんね。

『Air mist(エアーミスト)』は使い切りタイプの持ち運びシーシャ

株式会社エアー 公式サイト

『Air mist(エアーミスト)』について気になったので少しググってみたら、株式会社エアーという会社さんが販売しているようで使い捨て電子たばことというよりは『使い切りタイプの持ち運びシーシャ』という位置付けで開発・販売されているようです。

もちろん『Air mist(エアーミスト)』はノンニコチン・ノンタールです。

公式サイトをのぞくと、芸能人やユーチューバーとのコラボも結構しているみたいで結構有名なのかな?という印象です。

『Air mist(エアーミスト)』 フレーバーの種類は6種類

フレーバー ラインナップ(amazon商品ペーより引用)

『Air mist(エアーミスト)』のフレーバーの種類はメンソールをはじめ、クールレモン、チョコレートミント、ブルーベリー、ホワイトピーチ、マスカットの全部で6種類(2024年1月現在)。

おすすめはやはりメンソールですね。

実はこの記事を書くまでに『Air mist(エアーミスト)』を2本買ってますが2本ともメンソールを購入しました。

私は紙巻たばこ→加熱式電子タバコ→禁煙した元喫煙者です。しかも結構ヘビーでした。そんな私がおすすめするのがメンソールフレーバー。

それくらいメンソールが衝撃的かつ満足感がありますので、もし買うなら最初の1本目はメンソールを強くおすすめします。

たばこを吸ったことがない非喫煙者の方ならばお好きなフレーバーでも満足すると思います。

『Air mist(エアーミスト)』の吸いごたえは?感想をレビュー

では『Air mist(エアーミスト)』ってどうなのよ!とそろそろ気になる方の為に吸いごたえや感想をレビューしたいと思います。

まず吸った感じは…

衝撃的!!・・・『NICOLESS VAPE』の1.5倍の満足度です。

「NICOLESS VAPEとは?」と思った方は下記レビュー記事をご参考になさってください。

私の中では使い捨て電子タバコは『NICOLESS VAPE』が辿り着いた最高のデバイスだったのですが上には上がいるものです。

煙のクオリティーは申し分ありません、それどころか電池容量が950mAhだからかもしれませんが煙の量も大満足。これはかなり良いです。もはや煙の量は加熱式電子たばこを超えています。

これもまた一口目、吸ったときにむせました。ニコチン入っていないはずなのに、あのむせかたは久しぶりにタバコを吸った時にむせる感覚に似ています。

ニコチンが入っていないのに、この吸いごたえ・・・吸いごたえの評価としては100点満点ですよ。吸ったメンソールフレーバーに関してですがリキッドの味・質に関しても『NICOLESS VAPE』と同じようにかなり良いです。

そして吸い口の形状がとても吸いやすいく、ユーザビリティーが高いです。これは使った人にしか分からないポイントですが伝えたいことなので書いておきました。

また、吸った時に本体下部が品良くリング状に白く光るのが実にお洒落です。こういう細かな仕掛けがユーザーにとっては嬉しいポイント、満足度に繋がっています。

『Air mist(エアーミスト)』どのくらい持つ?

『Air mist(エアーミスト)』が満足度の高い使い捨て電子たばこということがお分かりいただけたかと思います。

しかし肝心なのは「持ち」ですよね。どのくらい持つのか?が非常に重要です。特に『Air mist(エアーミスト)』は2,000円と使い捨て電子たばこの中では高価格帯の商品です。正直なところ2~3日しか持たないのであればおすすめできません。

しかし私の場合、1週間程度持ちました。もしかしたら10日くらい吸っているかもしれません。とにかく感想としては、3日経過してから「まだ吸えるの?」という日々が続き、結構長く吸っているイメージですね。

吸い方はですね、主に車の運転中やパソコンいじる時ですね。四六時中じゃ持ちませんがこの使い方なら1週間~10日持ちます。

だから単純計算で、少なく見積もっても1週間持てば2,000円は高くないです。むしろ普通、使い方によってはコスパも高いですね。

禁煙中のアイテムにも大活躍!

もし、今禁煙中の方は、1本お化けの誘惑に負ける前に『Air mist(エアーミスト)』を使ってください!このブログの読者様ならお分かりだと思いますが私は禁煙失敗を繰り返しながら今ここにいます。

禁煙中に1本だけ吸ったら終わりです。これは断言できます。私が経験者だからはっきりと断言できます。

1本だけ吸って残りを捨てたとしても翌日には吸いたくて吸いたくてたまらなくなり、午前中は我慢で乗り切れるけど昼食後に我慢できなくなりまたタバコを買ってしまいます。そして今度はそのタバコを捨てるのが勿体なくなり、捨てないで手元に置いておくようになり、また吸い始めてしまうのです。

ニコチン断ちしてからの禁煙中の吸いたい欲というものは、幻想であり、実は煙のようなものを吸って吐くだけで脳はだませるのです。

禁煙中の方は『Air mist(エアーミスト)』ぜひお試しください。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました