LEVI’S Made & Crafted(LMC)の魅力とは?クロージングモデルとの違いやディティールを紹介します。

ジーンズ

私が幅広い年齢層におすすめしたいメンズデニムはLEVI’S(リーバイス)のメイド&クラフテッド。特に30代・40代・50代移行の男性がデニム選びに迷った時は迷わずおすすめしたいシリーズです。

デニムのブランドでリーバイスを知らない方はいないはずです。

1853年にリーヴァイ・ストラウスがアメリカのカルフォルニア州サンフランシスコで創業して以来、今では日本はもちろん、世界中で一番メジャーなジーンズメーカーとなりました。

超ロングセラーモデルの501をはじめ、502や503、511など数多くの人気モデルを量産しています。

そんなリーバイスがリリースしている特別なプレミアムラインが「 LEVI’S Made & Crafted 」(略してLMC)。

リーバイスの特別シリーズといえばビンテージ復刻モデルの「LEVI’S VINTAGE CLOSING」(略してLVC)もあります。

LMCとLVCの違い

LVC( LEVI’S VINTAGE CLOSING )は知ってるけどLMC( LEVI’S Made & Crafted )は知らないって方は意外に多いです。

私もその1人でしたが昔、古着で購入した事をきっかけにLMCの素晴らしさやその魅力にとりつかれてしまいました。

LVCとLMCの違いは難しく説明する事は出来ませんが、LVCは生産が終了している昔のビンテージモデルを復刻したデニムです。

価格帯はそれなりだけど復刻モデルという事もあってLVCファンには本物のジーンズ好きが多いですよね。

一方、LMCはリーバイスの伝統あるスタイルを大事にしつつも最先端のスタイルを取り入れ、且つ高品質素材と縫製技術を取り入れたプレミアムラインとして位置づけられています。

LMCとLVCの価格帯はどちらも通常のリーバイスデニムに比べて高価ですがそれ以上に履く人の満足感を満たしてくれるデニムに違いありません。

LMCはこんな人におすすめ

私も大好きなLMCジーンズには誰でもそれなりに似合うシルエットになっているという事がおすすめなポイントです。

またLVC( LEVI’S VINTAGE CLOSING )はリーバイスのビンテージモデルに詳しくないと手を出しにくい反面、LMC ( LEVI’S Made & Crafted )は詳しくない人でも気軽に手を出しやすいシリーズとも言えます。

復刻モデルって年代によってシルエットが違うので人によって好みが分かれますし、初めて買う場合は各年代のシルエットをかなり勉強する必要があります。

一方LMCにはシルエットに対して結構こだわりを持って作られていて誰が履いてもそこそこ格好良くキマってしまいます。

同じ価格帯ならシルエットが自分好みかどうか分からないLVCを買うより、誰でもそれなりに格好良く着こなせるLMCを買う方が賢明かと思っています。

LMCをおすすめする人は具体的にはこんな人です。

☑リーバイスのビンテージにこだわりがない・詳しくない

☑多少高くてもシルエットやディティールをジーンズに求めている

☑ジーンズに詳しくないけど何かいいジーンズを買いたい

手っ取り早く言うとジーンズに詳しくないけどメンズでおすすめのジーンズある?って聞かれたら迷う事なく私はLMCをおすすめします。

LMCの実際のディティールを写真で紹介

LMCがおすすめっていうのは分かったけどどんな感じなの??って思う方の為に私のLMCで宜しければご紹介します。

今回お見せするのはLMCのタックスリムというモデルです。

LEVI’S Made & Crafted tack slim

基本はスリム系ですがスキニーのような細さではなく、大人が履くには丁度よいスリムといったところ。

分かりやすく言うと501と511のいいところを融合したような感じというとイメージが沸くと思います。

それにプラスして、若干テーパードがかかっているので典型的な日本人体型でも履きやすいシルエットになっています。

LEVI’S Made & Crafted tack slim

革パッチは販売された時期によって変わりますが私のはこんな感じのブラックの革パッチです。

LEVI’S Made & Crafted tack slim

フロントのボタンも販売時期によって変更します。ボタンには LEVI’S Made & Craftedの刻印があります。

LEVI’S Made & Crafted tack slim

LMCは赤タグではなくて青タグです。

LEVI’S Made & Crafted tack slim

綿100%素材なので生地がしっかりとしてます。

LEVI’S Made & Crafted tack slim

裾廻りはこんな感じです。色落ち・ダメージ加工されたものを購入したので既に裾の色落ち・アタリはいい感じです。

LEVI’S Made & Crafted tack slim

写真ではデニムの良さをお伝え出来るのには限界がありますが少しは参考になったかと思います。

LMCは何よりディティールがいいんです。量産品と比べたら手触りだけでも雲泥の差ですが履くともっと良く感じます。

シルエットもテーパードがかかっているので私のように多少足が短い人でもそれをカバー出来ますから重宝しています。



総じて

LVCとLMCの違いは簡単に言うとビンテージにこだわるかこだわらないかの違いです。

しかし「絶対にこの年代のモデルがいい!」というような強いこだわりが無い限りLMCの方がいいような気がします。

それにLVCは「生デニム」が多いですからサイズや丈の縮みを考えたり、のり落としを自分で行うといった手間があるので余計にデニム好きじゃないとおすすめ出来ません。

ちょっとLMCが気になった方はリーバイスの公式サイトで「 MADE & CRAFTED 」と商品検索して見てみてください。

デニム選びのご参考になると幸いです。

お読みいただきまして、ありがとうございました。



タイトルとURLをコピーしました