1日2箱アイコスを吸っていた私がプルームテックに移行して2週間!移行する時のポイントやコツを伝授します。

電子タバコ

約2週間前に、思いつきでアイコスからプルームテックに移行を始めました。

理由は何を隠そう金銭的な理由です。

アイコスのヒートスティックもプルームテックのたばこカプセルも値上げしたのですが、どうもヒートスティックは無駄が多いというか無駄にしてしまう機会が多いのでもうアイコスは辞めようと決意したのです。

また、健康面でもアイコスよりプルームテックの方が害が少なそうだし丁度いいかなと思って始めたプルームテック移行プロジェクトの報告をしたいと思います。

もし私と同じように、アイコスからプルームテックに移行したいと考えている方は、私のトライしている経過の記事を見ていただいて何かしらの参考にしていただければと思っています。

プルームテックに移行して2週間経過した今の状態

早いものでプルームテックに移行して2週間経過した今、この期間を振り返ってみましたが、アイコスを吸う事は一度もありませんでした。

なので、今のところ完全にプルームテックしか吸っていない状態なのです。

そもそもアイコスを普段から吸っている人にとって、プルームテックのキック感や吸い応えはお世辞にも満足出来るものではありませんよね。

そんなことは元アイコスユーザーである私が一番よく理解しています。

ましてや私の場合、ひっきりなしにアイコスを吸うタイプで、1日2箱は吸っていましたから尚更です。

ではなぜそんな私が今、2週間プルームテックのみでやっていけているのか、そのコツや方法を書いていきたいと思います。

アイコス→プルームテックは「禁煙」だという意気込みで始めた

プルームテックへ移行する為の最大のポイントはこれです。

紙巻たばこを禁煙した経験がある方は分かると思いますが、禁煙する時はかなりの勇気と意思が必要です。

また、本気で禁煙する時は、最後の1本を吸ったら、残りのたばこは捨てて、ライターも全部処分した方がいいと言われています。

どうしても手元にあるとうっかり吸ってしまったり、翌朝に我慢できずにたばこを吸ってしまうからです。

要するにたばこを吸える環境を自らの手で無くすのが禁煙の始まりと言えます。

そんな経験を踏まえて、私はアイコスを辞める際に最後の1本を吸った後に、アイコスヒートスティックを水で濡らしてぐちゃぐちゃに潰してからゴミ箱へ捨てたのです。

これで少なくともアイコスを吸えない状況になります。

また本体も押入の奥の方に入れて、なかなか手の届かない場所へ置きました。(後に友人にあげました)

このようにまずアイコスを辞める強い意志を持ち、自分で環境作りをすることが大切なのです。

プルームテックに移行しても「禁煙」とは言えませんが、そのつもりでアイコスを辞める意思や環境作りが不可欠です。

究極にニコチン切れするまでプルームテックを吸わない

アイコスからプルームテックに移行する際、最初にプルームテックを吸うタイミングにあります。

最後のアイコスを吸ってから、私はプルームテックさえも吸わないつもりでプルームテックを半日以上我慢しました。

そして究極に「吸いたい!」と我慢出来なくなった時に初めてプルームテックを吸うのです。

しかも吸い方はこうです。

肺まで一気にスーっと水蒸気を入れて、肺で水蒸気を感じたら、ゆっくりとはき出す水蒸気を感じながらフーっとはき出してください。

するとどうでしょう、ニコチン切れの状態なので、少ないと言われているプルームテックのニコチン量さえきっとキック感や満足感を得られるはずです。

アイコスからプルームテックに移行出来るか出来ないかの基準は、この切り替えた時のプルームテックの満足感があるかないかにあるのです。

私の場合、このプルームテック1本目で満足感を得られたので、それ以来、ずっとプルームテックを継続して吸えるようになったのです。

アイコスとプルームテックの満足感やキック感は違う

次にプルームテックへ移行する時の心構えについてです。

どう考えてもアイコスの方がプルームテックよりキック感があるのは間違いないです。

その為、はっきり言ってアイコスとプルームテックを併用しながら、ゆくゆくはプルームテックに切り替えるようなんて甘い事を言っているようでは絶対に移行出来ません。

また、アイコスを吸った直後にプルームテックに切り替えても当然満足感は低く、移行は失敗するでしょう。

アイコスの「吸った感」に慣れた体のままで、プルームテックに急に移行は出来ないってことを理解しておくべきです。

すなわち先ほども言ったように、究極にニコチン切れした状態まで自分を追い詰めてからプルームテックを吸うのです。これが本当に肝ですね。

プルームテックはアイコスに比べてニコチン量は少ないがニコチンが0ではない。その少ないニコチンでもいいから吸いたい!という体に追い詰めるのです。

初代プルームテックと、プラス、S。どれにする??

最後にプルームテックに移行するといっても2019年8月現在、プルームテックには3種類のデバイスがありますがおすすめのデバイスについて触れておきたいと思います。

プルームテックに移行する最大のメリットはなんと言っても「ほぼ無臭」という事です。

この最大のメリットを活かす為にもまずプルームテックSという選択肢は無くなりますよね。

※追記 とはいうものの、このあとプルームSがどうしても気になってしまい後日購入しました。詳しいレビューについてはこちらからどうぞ。

プルームテックは基本的に低温加熱式を売りにしているのでここにきて高温加熱式のSに移行するのは意味がありません。

それならアイコスやグローのままでいいと思います。

次に初代プルームテックか、プルームテックプラスかの2択になりますがどちらもメリット・デメリットがありますので簡単にまとめておきます。

初代プルームテックのメリット

・初代プルームテックはプルームテックプラスに比べて本体価格が安い。(小遣い制には助かる)

・本体が小さいので携帯性に優れている。(でも無くしやすい)

初代プルームテックのデメリット

・満足感が無い。(アイコスと比べたら話にならない)

・かろうじてキック感を得られるのはカプセル交換後、5口分くらい。

プルームテックプラスのメリット

・初代プルームテックの改良品という事だけあって吸い方のコツさえ掴めば満足感は高い。ちなみに吸い方のコツについてはこちらの記事でご紹介しています。

・初代プルームテックより煙量やキック感が安定している。(これすごく重要)

プルームテックプラスのデメリット

・初代プルームテックに比べて本体価格が高い。

・本体が一回り大きい分ので携帯性が悪い。(慣れれば気にならない)

簡単ではありますが、極論だけを簡単にまとめると上述のような感じになるかと思います。

なので本体価格が少し高くついても「移行の為なら!」と初期投資出来るのであれば断然プルームテックプラスがおすすめです。

総じて

以上、私がプルームテックに移行した時のコツを書いてみましたが、大事なことをまとめてみると以下の通りです。

☑プルームテック移行は「禁煙」のつもりで強い意思が大事

☑移行初のプルームテックは究極にニコチン切れしてから吸う

☑出来ればプルームテックプラスでトライする

お読みいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました