リーバイス501のコーデがキマらない人に朗報!体型をマルチにカバーするテーパードシルエットが好評だよ。

ジーンズ
ここ数年の間に、リーバイス501のシリーズで501Tや、501CTという新しいシルエットのモデルが販売されています。
 

 
ジーンズといえばリーバイスが好きな私は、中でもLMC(メイドアンドクラフテッド)のジーンズが気に入っており、それしか履いていません。
 
 
501といえば学生の頃に、よく505と共に履いていましたが、復刻の66501を最後に遠ざかっています。
 

501CTのCTとはカスタムテーパード

 
 
501CTのシルエットは、今までの501の形とは少し違い、膝あたりから裾にかけて細くなる「テーパード」のシルエットになっているようです。
 
 
CTとは、カスタムテーパードという言葉からきているものらしいです。
 
 
では何故リーバイスが501CTを売り始めたかというと、501ファンの為にリリースされたのだとかいう話なんです。
 
 
近年、ボトムはテーパードシルエットが人気で定番化されつつあります。
 
 
その影響からか、リーバイス501をテーパードシルエットにお直しして履いている人達がいるらしいのです。
 
 
そのような人達向けに発売されたという説もあります。
 
 
501ファンの中では、「501でテーパードなんて、そんなの501じゃない!」といった声も少なくないようですが、501CTを販売した事によって新たに501を履く人も増えている事も事実のようですね。
 

501CTと501Tの違い

 
501CTと501Tと二つ商品があるようですが、これらの違いは何なのか、色々と調べてみました。
 
 
どうやら501Tと501CTの形はサイズ表を見てもほとんどシルエットに変わりはなく、どちらも同じシルエットと考えて大丈夫そうです。
 
 
先に販売されたのが、501CTで、その後に501Tが販売されているようです。
 
 
ちなみに今では、501CTはリーバイスのオンラインショップからは姿を消しています。
 
 
 

テーパードシルエットは体型を良く魅せられる

箱の中から?マーク.jpg
 
 
 
 
 
テーパードシルエットは先細りなシルエットになっています。
 
 
腰廻りは少しゆとりがあり、裾に向かっていくにつれ細くなっていくので、足が太い人でもスッキリとした印象を与えます。
 
 
どんな体型の人でも履くだけでスタイルが良く見えます。
 
 
特に足が短い傾向にある我々日本人には、短足をカバー出来るシルエットだと定評がある事はご存じの通りかと思います。
 
 
私もメイドアンドクラフテッドというジーンズでテーパードモデルを持っていますが、確かに鏡で見た時に、足の長さは分かりずらいので普段よりスタイルが良く見えるのです。
 
 
単に「スリム」というだけでは体型が太い人だと、腰廻りや太もも付近がキツかったり、見た目にもムチムチな感じがしてしまいます。
 
 
しかしこれがテーパードになると腰廻りに余裕があるので、多少太い人でもスリムに見えるけど履いていてもキツさを感じないのでとても都合の良いシルエットなのです。
 
 
 

 

501CTをヤフオクやメルカリで探してみた

財布の中に残る小銭とレシート.jpg
 
 
501のテーパード仕様って気になる・・・気付いたらネットで501CTを探し始めていました(^^;)
 
 
ちなみに501Tの方が新しいモデルなので古着狙いで行くなら501CTを探します。
 
 
何故なら寸法はほぼ同じで、違いといえば発売日が早いか遅いかの差だと思っているから。
 
 
余談ですが私がジーンズを古着で探す場合は出来るだけ状態が良いモノ、且つ予算はMAXで3,500円くらいと決めています。
 
 
ネットで探す時は条件フィルターで絞って探すようにしないとキリが無いですからね。
 
 

購入した501CTがこちら

最近、LMC(メイドアンドクラフテッド)ばかりでしたので、このツーホースのパッチ、久しぶりに見ました。
 
 
久しぶりの「リーバイス」に再会出来たような感じになってテンションが上がります。
 
 
どこか懐かしく、学生の頃にリーバイスを買った時のウキウキな感じが蘇ってきました。
 
 
リーバイス501CT (4).JPG
 
 
広げてみます。全体のシルエットはこんな感じ。
 
 
私が購入した501CTはダメージ加工のダークインディゴ色です。新品で買うと定価は18,000円するのでさすがに質感や手触りは物凄くいい感じです。
 
 
素材も綿(コットン)100%なので味のある色落ちも期待出来そうです。
 
 
色落ち加工の加減も個人的に満足です。
 
 
リーバイス501CT (2).JPG
 
 
裾もチェーンステッチ仕上げで、且つダメージ加工なので、裾のパッカリングのあたりが、最初からこんな感じなので素晴らしい。ダメージ加工のメリットって、こういうところですよね。
 
 
リーバイス501CT (6).JPG
 
 
ちなみに二つに折るとこんな感じ。
 
 
リーバイス501CT (7).JPG
 
 
501の特徴でもあるボタンフライもサマになります。トイレの時は面倒なだけど見た目はやっぱり格好いい。
 
 
リーバイス501CT (3).JPG
 
 
このボタンフライ廻りも最初は固いけどだんだんと柔らかくなってくるんです。
 
 

501CTを履いた感想やシルエットについて

 
 
綿100%素材を久しぶりに履いたせいもありますが、足を通した時に、「細い!」と思い不安になりましたが、全部履くと腰廻りは程よい余裕があり、しっくりときます。
 
 
履いた感じは501そのもの(腰でしっかりと履く感じ)ですが、シルエットは洗練された都会的な印象を与えてくれます。
 
 
このシルエットなら夏場はユニクロやGUのTシャツ一枚でも格好良くキマリます。
 
 
シルエットに関しては下半身太りや足の筋肉が気になる人ほど満足するのではないでしょうか。
 
 

総じて

 
 
シルエットについて、501の古き良き時代の雰囲気もあり、膝下はスリムに抑えた現代版リーバイス501が、501Tや501CTなのかなと思います。
 
 
501ファンからは賛否両論の意見が飛び交っていますが、私の場合デニムはシルエットの美しさで良し悪しを決めていますので501CTは気に入りました。
 
 
今までの501のイメージは捨てて、リーバイス501のディティールを持った「シルエットのいいジーンズ」と考えれば満足度は高いです。
 
 
 
お読みいただきまして、ありがとうございました。
 
 
タイトルとURLをコピーしました