格好いい裾の色落ち(エイジング)の作り方。評判のユニオンスペシャル43200Gで裾上げした結果と感想。

ジーンズ

ンズの裾上げといえばチェーンステッチ仕上げですが、中でもユニオンスペシャル43200Gというミシンを使ったチェーンステッチの色落ちがねじれ加減がたまらないという話を耳にしました。

ジーンズの裾上げの仕上がりにこだわっていますか?

ジーンズの裾上げといえば色落ちの仕方に差が出る「チェーンステッチ」仕上げで依頼すると思います。

チェーンステッチとは、鎖のように見える縫い方で「環縫い」とも呼ばれています。

シングルで裾上げした場合とチェーンステッチで裾上げした場合、色落ちの仕方が全然違います。チェーンステッチの方が格好いいです。

しかも「ユニオンスペシャル43200G」というミシンで裾上げしたチェーンステッチは独特なねじれが生じて何とも言えない味のある色落ちをするそうなんです。

そんな事で噂のユニオンスペシャル43200Gを所有する店舗を探してチェーンステッチの裾上げをしてみたので記事にしたいと思います。

お気に入りのジーンズは裾上げするか迷う

私が今回裾上げしたジーンズが今まで裾上げをしていなかった理由はただ一つ。短くなってダサくなるのが恐かったからです。

過去に高価なジーンズを購入したのにも関わらず、裾上げに失敗(裾を短くし過ぎた)した事は何度もあります。

ある程度の長さなら折り返して履いたりするのですが海外製品だと折り返しても長いものもあるのです。

しばらく迷っていましたが「ユニオンスペシャル」というミシンの存在を知った事をいい機会と思い、この度裾上げに踏み切る事にしたのです。

チェーンステッチとは?

冒頭でも触れましたがそもそもチェーンステッチとは簡単にいうとなんでしょう。

見た目や特徴を少し説明してみたいと思います。

見た目がチェーン(鎖)

チェーンステッチは「二重環縫い」とも呼ばれ、2本の糸が交互に交わるように走り、裏面の縫い目がチェーンのように見える事から「チェーンステッチ」と呼ばれるようになったそうなのです。

ちなみに今回裾上げした私のジーンズ、裾上げに出す前もこのようにチェーンステッチ仕様でしたよ。

少なくともリーバイスはデフォルト仕様で裾はチェーンステッチになっていると思います。

チェーンステッチの特徴

シングルステッチに比べて、チェーンステッチは若干引っ張られるような縫い方をしているので、濃淡のついた色落ち・アタリが斜めに入ります。

このようなアタリが出ると自分のジーンズが格好良く見え、愛着も沸いてくるのです。

シングルステッチの方が裾上げ料金は安くなりますが色落ちがダサいのでよほどの金欠でなければチェーンステッチで裾上げされる事をおすすめしたいですね。

ユニオンスペシャル43200Gとは?

過去に失敗した経験で、ジーンズの裾上げのクオリティーが低すぎたという苦い経験を持つ私は、近所の洋服直し屋さんではなく、ジーンズ直しの経験や実績のあるお店で依頼する事になりました。

くどいようですが、お気に入りのジーンズの裾上げは絶対失敗出来ません、失敗したら金銭的にしばらく購入出来ませんから。

お店の方もジーンズを気に入っている事を察してくれたのか、とても丁寧に相談に乗ってくれました。

本場米国のプレミアビンテージミシン

チェーンステッチは、ユニオンスペシャル43200Gというアメリカの古いミシンで縫ってもらうといい味が出るという話は先ほどしました。

ユニオンスペシャル43200Gは、なんと今から50年以上前に使われていたアメリカのビンテージなミシンで、当然現在は生産されていないものです。

当時は不評だったねじれが、現在では独特なねじれ感や、このミシンでしか出ない味のあるアタリが人気を呼び、市場価格は50万円~100万円と、プレミアな価値が出ているミシンなのです。

中でも43200Gという型式がいい

ちなみにユニオンスペシャルというミシンは色々な型式があるそうですが、この43200Gという型式がいいそうですよ。

ジーンズ好きな人の間では、チェーンステッチは、この「ユニオンスペシャル43200G」を使っているお店に頼む人が多いのです。

チェーンステッチミシン裾上げユニオンスペシャル 43200G 綿糸を使用したアタリの出やすいヴィンテージ仕上げ (3.5cm以上カット)


感想(10件)

私のジーンズは綿100%ではありませんので少しよじれると言われましたが、それもまた「味」だと思い、天下のユニオンスペシャルで裾上げをお願いしたのです。

ユニオンスペシャル43200Gで裾上げしたデニム

待ちにまった裾上げしたジーンズの納品日です。

感想は予想以上。仕上がった裾を見せてもらった瞬間に「お願いして良かった」と思えるものでしたよ。

心配だった裾の長さも少し折り返して丁度いいくらいなので、ほぼ理想の長さでほっとしました。

ではユニオンスペシャル43200Gで裾上げしてもらったジーンズの裾をお見せしたいと思います。

ユニオンスペシャルで裾上げすると、ジーンズもワンランクグレードアップしたような感覚になります。

この独特なねじれ感、今ではマニアの中では何とも言えない味が出てたまらないと人気がありますが元々は不評だったそうですよ。

昔はこのねじれが出来てしまうこと自体が品質が悪いとクレームが多かったみたいなんです。

それが何十年の時を経てジーンズマニアの中で「味があるよじれ」と評価されているのです。

まだアタリが出るのはこれからの楽しみなのですが、今の時点で、この何とも言えないねじれ感がイイ雰囲気を醸し出しています。

それにこのよじれ感が、気分的にもガッシリとした手触りになって、単なる裾口ではなく、存在感のある裾口になり、ジーンズにもアクセントがついたような感じさえ受けます。

今度、自分の持っている綿100%のジーンズもユニオンスペシャル仕様にしてもらおうと思っています。

いかがでしたでしょうか、私のようにジーンズの裾上げについて迷っていたり悩んでいる方は多いと思います。

その中で、ジーンズの裾上げについて、シングルステッチか、チェーンステッチか迷っていたり、「ユニオンスペシャル」で裾上げすると、どんな感じになるの?って思っていた方の参考になれば幸いです。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました