プルームテックを爆煙にしたい!リキッド仕様のカートリッジにカスタムすることで満足感はここまでUPする!

電子タバコ

最近プルームテックのキック感や吸い応えをアップするにはどうしたらいいか考えています。

その理由は、現在メインで吸っているアイコスからプルームテックに移行したいと考えているからです。

アイコスは私にとって紙巻タバコを辞められるきっかけとなった感謝すべき存在なのですが、実は新たな大きな悩みが発生しているのです。

それは金銭面です。現在アイコス貧乏の状態に陥っています。

かさばるアイコスの維持費

紙巻タバコ時代は、1日に1箱~1.5箱位でしたが、アイコスに切り替えてからは、必ずといっていいほど毎日2箱買っている事に気付きました。

1日2箱という事は、単純計算で一ヶ月で30,000円もヒートスティック代に使っている計算になります。

どおりで最近、小遣いの減りが速いと思っていたら、原因はアイコスのヒートスティック代が原因だったのです(^^;)

1日に2箱もアイコス(ヒートスティック)を買ってしまう原因

この原因は明らかです。

アイコスユーザーならご存じの通り、ヒートスティックには、当たりハズレがあって、運が悪いと全く吸った気になれないヒートスティックなんて結構あるんです。

それに加えて、アイコスホルダー本体の原因不明の不具合も重なり、ヒートスティックを無駄にしてしまうトラブルが重なると、あっという間にヒートスティックを消費してしまいます。

紙巻たばこ時代は、帰宅時にたばこが数本残っていれば大丈夫だったのが、アイコスにしてからというもの、帰宅時に残り数本の時は、念のため帰りに1箱買って帰るのが習慣になってしまいました。

ホルダーの不具合や、ヒートスティックの「ハズレ」が原因で無駄にする本数を余分にストックしておく必要があるからです。

これが毎日2箱も買ってしまう原因です。

何故アイコスをメインに吸っているのか

プルームテックはニオイもしないし吸いたい時に好きなだけ吸えるし使い勝手は非常にいいんです。

使い勝手からすると断然アイコスよりプルームテックの方が優秀なのですが何故プルームテックがメインじゃないのか。

それはキック感や吸った感がアイコスの方が上だから。

アイコスとプルームテックではどうしてもキック感が違います。

それは最近明らかになってきたニコチンの量の問題や、高温・低温などといった構造上の違いで仕方ないところもあります。

しかしどうしてもプルームテックをメインにしたい私は色々と試行錯誤する事になったのです。

タバコカプセルの種類によって吸い応えが変わるのか試してみた

レギュラーとメンソールしか吸った事が無かったので、もしかしたらタバコカプセルの種類によって吸った感とか変わるのでは?と思い、全種類試してみる事にしました。

しかし結果から言うとあまり変化が無いのが正直な感想。

確かに新しく試したフレーバーは新鮮さもあり、一時的な吸った感を感じる事は出来ますがしばらく吸っていると慣れてしまいます。

でもこの実験で収穫したのは、プルームテックのフレーバーはメンソール系が程良く喉を刺激してくれるので吸うならメンソール系のフレーバーがおすすめだっていうことです。

原因はタバコカプセルではなく、カートリッジ?

そういえばプルームテックの純正カートリッジってタバコカプセル5個分、持たないですよね。

私はいつもタバコカプセルが余りますので、互換カートリッジを購入するようにしています。

純正カートリッジはどうやって吸ってもたばこカプセル5個分は持ちません。

純正カートリッジであまり頑張って吸っていると喉がイガイガしてきます。(多分、コイルが焦げるまで吸っている証拠です)

カートリッジを新しくした時、最初の5口くらいは、本当に快適な吸い心地を提供してくれますがそれ以降は、だんだんと味や吸った感が薄れていきます。

しかし逆にこの最初の5口目までの吸い心地や煙の量をキープ出来れば理想の吸い心地が確保出来るという事なんです。

純正カートリッジのリキッド量は少ないんじゃない?

いつもタバコカプセルので、もしかしたら純正のカートリッジってリキッドの量少なくしてるんじゃないの?って少し疑問を抱いてしまいます。

ネットでは純正カートリッジを分解しているような画像も公開されているのを拝見しました。

それを見てびっくりというか納得です。

そもそも煙の元となるリキッドをちょっとした綿のような物にしみこませているだけ。

これではすぐにカラカラに乾燥してしまいそう・・・

だからこのような再生キットも販売されているのです。

SWS プルームテック カートリッジ 再生 キット + 国産 リキッド 1本 + たばこカプセル用 マウスピース 電子タバコ PloomTECH 純正 と同じ 無味 無臭

このリキッド再生法はコスト面においては最強かと思いますが、代わりに労力を伴います。

私は手軽に吸うプルームテックに労力という2文字を追加したくなかったので互換カートリッジを探すことにします。

互換バッテリーも重要

互換カートリッジを探すなら互換バッテリーにも目を向けるべきです。

何故なら純正バッテリーに比べて互換バッテリーは容量やアンペア数の大きいものが多いからです。

やっぱりそのような数値が大きいと純正に比べてパワーが大きくなり結果、煙の量もバッテリーの持ちも変わってきます。

この記事ではカートリッジについて書いていますので私が今まで試した互換バッテリーについては後ほどこちらをご覧くださいね。

何かしら互換バッテリー選びのご参考になると思います。

互換カートリッジはアトマイザー式がおすすめ

互換カートリッジには予めリキッドを綿にしみこませたものと、自分の好きなリキッドを補充出来るアトマイザー式のものがあります。

先に言ってしまうとアトマイザー式のカートリッジが断然におすすめです。

嘘だと思ったら吸い比べしてみてください。

まず煙の持ちが違います。それもそのはずアトマイザー式のカートリッジは少なくなったらリキッドを補充出来るから煙が少なくなるっていう症状は無い訳です。

プルームテックを爆煙にするカートリッジはこれ!

このリキッドを補充出来るカートリッジ、色々と売っていますが何がおすすめって単刀直入にRIQのカートリッジがおすすめです。

RIQ プルームテック PloomTECH 互換 アトマイザー 式 カートリッジ マットブラック 3個セット

色々と使ってきましたがプルームテックの互換カートリッジはRIQが一番良かったです。

何が良かったというと「吸い心地」。これに尽きます。

他の類似商品とは何か一味違いました。あ、ちなみに煙の量は純正カートリッジしか使った事ない方はかなりびっくりすると思いますよ。

煙量は本当に満足出来ます。私は初めてこれにリキッドを入れて吸った時に思わずニヤけてしまいましたから。

今までの互換カートリッジの感想とは比べ物にならないくらいの水蒸気の量です。  

もはやこれは電子たばこではなく、VAPEと言ってもいいくらいの衝撃と驚きです。

リキッドがアトマイザーにある限り、何回吸っても、その快適な吸い心地は変わらないから何より煙の量にムラがなく、一定の煙量を安定して供給してくれます。

レッドクーラーとグリーンアップルがおいしい

リキッド補充式のカートリッジを入手したら、各たばこカプセルとリキッドの組合わせは無限です。

自分なりに好みの組合わせを見つけてみてください。

ちなみに私の好みの組合わせはレッドクーラーとグリーンアップルリキッドです。

電子タバコ リキッド グリーンアップルメンソール 国産ブランドBI-SO Liquid 15ml

レッドクーラーの味をよく引き出してくれるのがBISOのグリーンアップルリキッド。

グリーンアップルリキッドだけでは物足りない爽快感をレッドクーラーがいい感じに補ってくれるようなベストペアです。

総じて

今回ご紹介した商品はこちら

RIQ プルームテック PloomTECH 互換 アトマイザー 式 カートリッジ マットブラック 3個セット

自分でいいものに出会えるまで探すといつかはいいカートリッジに出会えるかもしれませんがこのRIQは試しに使ってみる価値は十分にあります。

少なくとも私はRIQのおかげでプルームテック自体の価値も変わりましたし、プルームテックは「煙が少ない」「キック感がない」というイメージはもう無いです。

追記:吸い心地が変わったら

ちなみにこのカートリッジ、最初はその吸い応えに感動しますが、2週間程度使用していると、ん?もうちょっと良かったのにって吸い心地に変化を感じる時が来ると思います。
 
 
そんな時は、コイルが劣化している可能性が高いので、新しいカートリッジに替えるタイミングです。
 
 
それだけ覚えておいてください。
 
 
ちなみに純粋にタバコカプセルの味を楽しみたい場合は、無味無臭のVG・PG混合液をアトマイザーに注入しましょう。
 
 

【VG・PG混合液】 (60:40)

無味無臭のリキッドは、たばこカプセルのフレーバーを純粋に楽しめます。
 
 
フレーバー付きのリキッドって、たばこカプセルと相性が悪いと、リキッドとたばこカプセルの味を双方消してしまう場合もありますからね。
 
 
また、無味無臭リキッドはコスパも良く、通常のリキッドは1,000円前後で10㎖~15㎖の内容量に対して、
同じ価格でも330㎖の内容量ですからね(^^;)
 
 
節約するなら無味無臭リキッドでたばこカプセルのフレーバーを雑味の無いクリヤーな味で楽しむ事をおすすめします。
 
 
お読みいただきまして、ありがとうございました。
タイトルとURLをコピーしました