Eleaf iStick Pico(アイスティック ピコ)使い方の分からない初心者向け「簡単なセット方法」

 
以前から気になっていた禁煙アイテムのベイプ、アイスティックピコついに購入しました。

アイスティックピコは、ベイプメーカーの中では大手のメーカー、Eleaf(イーリーフ)から販売されているもので、温度管理や、煙の量を調節できるらしく、結構人気のある商品なんです。

Eleaf iStick Pico イーリーフ アイスティックピコ 75W スターターキット (ブラック)

 
 
ネットで調べたところ、評判や口コミもかなりいい感じだったのでアイコスに満足しつつも思い切って買ってしまったものです(^^;
 
 
リキッドは体に無害なニコチン・タールフリーなので、これで満足出来れば、また一歩、健康へ近づけると期待を込めて購入したのでした。
 

早速、開封してみようと思います

箱の蓋を開けると、アイスティックピコ本体とアトマイザーと言われるものが格納されています。

アイスティックピコ 初期設定写真 (8).JPG
 
 
私が購入した本体のカラーはホワイトで、艶消しマットな感じで、汚れた手で触ると汚れが付きそうな感じがしますが、拭き取れば問題無く綺麗になります。
 
 
箱を全部開けると、本体、アトマイザー以外に充電ケーブルや予備コイル、説明書などの付属品が入っていました。
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (9).JPG
 
 
さて、早速試しに使ってみたいと思い、セッティング方法を確認しようと、説明書を見る訳ですが、ここで問題が発生します。
 
 
説明書は全て英語で書いてある為、何が書いてあるのか読めません。
 
 
何となく使い方は予想出来るものの、この手の商品は順序を間違えたりセット方法を誤って使ってしまうと壊れてしまう恐れがありますのでここは慎重にYouTubeなどをいくつか繰り返し見ながら参考にしてセットする事が出来ました。
 
 
しかしこの説明書が英語だったという事はかなり意外でした。
 
 
インターネットを見れない人や、面倒臭がりの人は恐らく使う前から嫌になると思いますね(^^;
 
 
実際に私も英語の説明書を見た瞬間に嫌になりましたから。
 
 
という事で、アイスティックピコの最初の段階で路頭に迷う人の為に、セット方法を簡単に記事にしておきますので参考にしてみてください。
 
 
 

アイスティックピコ セッティング方法

 
まずスターターキットの箱を開封すると中身に入っているのがこれです。
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (10).JPG
 
 
こうやって見ると一見、説明無しで自分で簡単にセット出来そうな印象もあります。
 
 
ちなみにこのスターターキットにバッテリーはセットされていません。
 
 
購入と同時にアイスティックピコをすぐに使いたい場合は、本体キット購入時にバッテリーも併せて購入した方がいいと思います。
 
 
私が購入したのはこんな感じのバッテリー。
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (11).JPG
 
 
IMRは18650と記載されていて、2,600mAhの電池なら適合するようですのでお間違いなく。

Efest 正規品 IMR18650 2600mah 40A 電子タバコ バッテリー VAPE

 
 
まずはバッテリーのセットから始めたいと思います。
 
 
本体上部のバッテリーを入れるところの蓋を開けて電池をセットします。
 
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (13).JPG
 
 
ここで気を付けるのは、バッテリーのプラスとマイナスの向きを間違えなくセットする事です。
 
 
写真のようにマイナス側が上になるようにバッテリーをセットします。
 
 
 
液晶画面が点灯しました(^^♪ ちょっとハイテクな感じがして嬉しいですね。
 
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (14).JPG
 
 
電源は入りましたが、バッテリー本体の充電は足りないと思いますので、今のうちに充電をしておきます。
 
 
ちなみに(アイコス(iQOS)のトラブル、不具合や故障かな?と思った時の対処方法や吸い方のコツを考えてみました)でも紹介していますが、出先での電池切れ対策にはモバイルバッテリーが便利です。
 
 
中でもAnker(アンカー)社製のモバイルバッテリーはデザイン、コンパクトさ、価格、容量いずれも満足出来る商品なのでモバイルバッテリー選びに迷っている場合はこれにしてもいいかもしれません(^^♪
 
 
 

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2016年8月末時点 A1263011

 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (15).JPG
 
 
続いてコイルの事ですが、私が購入したキットの中には、標準で予め0.3Ωのコイルがアトマイザーにセットされているようなのですが、温度管理機能のついたアイスティックピコでは、どうやら0.5Ωの方のコイルに入れ替えた方がいいようです。
 
 
ちなみにコイルがセットされているアトマイザーがこれです。この中に入っている0.3Ωのコイルを0.5Ωのコイルに入れ替える方法を説明していきたいと思いますね。
 
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (16).JPG
 
 
まずこのように外します。
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (19).JPG
 
 
そして外した写真でいう右側の方の部品にコイルが入っているので、写真右側の部品からコイルを抜き取ります。
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (18).JPG
 
 
続いて、0.5Ωのコイルを用意します。
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (20).JPG
 
 
0.5Ωのコイルをセットしました。
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (21).JPG
 
 
これで、先程外した部品と0.5オームのコイルをセットした部品を再度セットしてコイル
取替え作業は完了です。
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (22).JPG
 
 
ちなみにアトマイザーは使っていくうちに汚れてきますから快適な使い心地と衛生面を維持するには定期的に分解して掃除する事が不可欠なのです。
 
 
基本的に分解は簡単なので、分解した部品をぬるま湯を入れた洗面器などの容器に10分程度浸した上で、各々の部品を丁寧に掃除すれば綺麗になります。
 
 
しかし正直なところ、この掃除が結構面倒なんですよね(^^;)
 
 
時間がある時にしようと思ってもなかなかやらないものです。
 
 
私のような面倒臭がりな人には超音波洗浄機が家庭にあればそれを使うのが一番いいです、オート洗浄ですから。

LifeBasis 600ml超音波洗浄器 5段階タイマー設定 42kHz メガネ 時計 入れ歯 電子タバコ用アクセサリー洗浄

 
 
ベイプ洗浄用に購入するのは勿体ないかもしれませんが、面倒な時間を省けるし、そういった意味では「時間をお金で買う」という考えもあります。
 
 
それに腕時計のベルトのくすみや、嫁のアクセサリーなど水に濡れてもいい物であれば何でも綺麗に洗浄できるので使い道次第では購入しても元は取れるかなと思います。
 
 

アトマイザーにリキッドを入れる

コイルを交換するやり方が分からずに、しばらくネットと睨めっこしていましたが、このように振り返ると至って簡単な作業でした(^^;

さて次は、リキッドを入れてみたいと思います。

アトマイザーの上の部分を外します。

アイスティックピコ 初期設定写真 (1).JPG
 
 
リキッドは真ん中の穴ではなく、穴の廻りの縁に注ぎ込みます(入れるリキッドの量は8割程度が推奨らしいですが、私はとりあえず少なめに入れました(^^;)。
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (3).JPG
 
 
ちなみにリキッドは手元にあったレッドブル(Red Bull)味のリキッドを入れましたが、これだけでは個人的には甘く、また喉越しを得る為にメンソールのリキッドを半分混ぜて注入(^^;
 
 
レッドブルに限った話ではないですが、味はおいしいんだけど、何となくパンチが無いリキッドの場合は、メンソールリキッドを混ぜて調整する事で喉越しにパンチが効くようになりますので試してみてください。
 
 
そして、リキッドを入れたら先程外した部品をセットして完了です。
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (4).JPG
 
 
メンソールと混ぜて良かったおすすめのリキッドについては、時間のある時にでも下記記事を参考にしてみてください。
 
 

 

アトマイザーを本体にセット

 

充電しておいた本体をケーブルから外し、アトマイザーをセットしてみたいと思います。

アイスティックピコ 初期設定写真 (5).JPG
 
 
これでセッティング完了です(^^♪
 
 
アイスティックピコ 初期設定写真 (6).JPG

アイスティックピコのプチカスタム

このアイスティックピコに限った話ではないと思いますが、私の場合、ちょっと吸い口の口径が広いなと感じたので吸い口をカスタムしたんです。

個人的な意見ですが、水蒸気が出てくる穴が小さい方が吸い込む力を要するので、よりリアルな吸い心地を得られるんです。

交換出来る吸い口は、ドリップチップと言われるもので、これを好きな形のドリップチップに交換出来るんです。

でも商品の口径によってはドリップチップがはまらない場合もありますので、アイスティックピコの規格である510仕様のドリップチップを購入すると良いでしょう。

また、吸引していると、たまに「バチ」ってリキッドが小爆発したような音がして、熱い液体が口の中に飛んでくる事ありませんか?

驚いて色々と調べたんですが、この症状は「スピットバック」と言われる症状で、リキッド系の電子タバコではよくある事らしく、商品性能上の問題はないようです。

気になる場合は「スピッドバック防止機能付き」のドリップチップに取り換えると改善されるでしょう。

ドリップチップ MONOVAPE スピットバック 防止 ベイプ 510規格 バルカンホール キャップ mv009 [日本正規品]

 
この他にもドリップチップはたくさん市場に出ているので自分好みのドリップチップを何個か購入してカスタマイズを楽しむのもいいですね。
 
 
以上のアイスティックピコのセット方法ですが、この手のベイプを既に使っている人なら簡単な事かもしれませんが、初心者や慣れていない人からすると付属の英語の説明書では全く訳が分からないと思います(^^;
 
 
恐らく、何でスターターキットにコイルが余分に一つ付いているのかなとか、コイル交換って何?みたいな感じの人は多いと思います。
 
 
少なくとも私がそうだったので、よかれと思い、セッティングの方法について初心者向けに簡単にご紹介しました(^^♪
 
 
お読みいただきまして、ありがとうございました。

8 Replies to “Eleaf iStick Pico(アイスティック ピコ)使い方の分からない初心者向け「簡単なセット方法」”

  1. はじめまして!
    先日picoを購入したのですが全くタバコも吸ったことのないような初心者です。
    でも、この記事のお陰でなんとか吸うという段階まで行けました!笑
    本当にわかりやすい記事で助かりました!
    ありがとうございました(^^)

  2. ぐるさん、コメントありがとうございます^ ^
    私もセット方法がよくわからなくて苦労しましたのでこの記事が少しでもお役に立てたのでしたら何よりです。
    わざわざありがとうございます。

  3.  今日明日にも届くと思いますが、分かりやすい解説ありがとうございました。
    これでなんなく吸ってみれそうです。
     ちなみに、コイルはなぜ0.5Ωに交換が必要なのでしょうか?

  4. 石ちゃんさんコメントありがとうございます^ ^
    私も購入した時、いまいちよく分からなかったので苦労してネットで調べながらセットしました。
    この記事がご参考になると何よりと思います。
    私もこの手の電子タバコは興味本意で購入して使用している人間なので、正直なところ詳しい設定などは分からないのです^^;
    詳しくない人でも簡単に使えるのがこの電子タバコのいいところでもあるのですが。
    0.5Ωに替えた方がいいというのは私も誰かに教えてもらった事なので申し訳ありませんが理由は良く分かりません。
    しかし標準でセットされていた0.3Ωのコイルも試しましたが私的には吸い心地にあまり変化は感じられませんでしたので替えても替えなくても、予備として持っているのもアリだと思います^ ^

  5. 本日注文していたiStick Picoが届いて嬉しくて開けてみたら説明書が英語!?日本語説明が少しあるけど全然わからなくて(泣)困ったときのインターネットだ(笑)と検索してこちらと出逢えました。ほんとに感謝です!!ようやくセット完了で今は完充電待ちです。
    わかりやすく説明していただきありがとうございました。

  6. NAOさん
    コメントありがとうございます。
    お役に立てたようで何よりです^ ^ この商品は物自体はアタリなのですが唯一、説明書だけ分かりづらいですよね。末長くアイスティックピコLIFEをお過ごし出来るといいですね!

  7. 付属のコイルは0.5Ωでも0.3Ωでも温度管理機能は使えません。ワッテージモードで使うことになりますが、0.3Ωの方が少しだけ煙が多く燃費が悪くなります。

  8. Tajiさん
    コメントありがとうございます。そうなんですね、教えていただいてありがとうございます^ ^
    私は設定にあまり詳しくないのでこのように教えていただけると助かります。時間が空いた時に本文も訂正させていただきます!

コメントは受け付けていません。