日本人体型でも似合うジーンズが欲しい!お勧めはリーバイスのあのモデル。

ジーンズ/スニーカー

ジーンズは好きだけど何となく自分には似合っていないと感じている方はまだ自分に合うジーンズに出会っていないだけです。

私はつい最近まで自分にはどうしても似合わないと思っていましたし、そもそも日本人はジーンズが似合わないんじゃないかってさえ思っていました。

しかしジーンズにはスタイルの良し悪しにかかわらず、履きこなすにはあるポイントがある事に気付いたのです。

量販型安物のジーンズをおすすめしない理由

安物のジーンズは履かなくなりました。安いジーンズが悪いという訳ではありません。

安物のジーンズでも試着して自分に似合うものであればそれに越した事はありませんからね。

でもほとんどの場合、安物量産型のジーンズのサイズバリエーションはウエストサイズくらいです。

その為、シルエットの違いはそこまでなく、痩せている人・通常体型の人・少しぽっちゃりの人もある程度カバーできるよう作られていると思います。

いわば万人向けジーンズなのです。

そのようなジーンズの中から自分に似合うジーンズに出会える確率は奇跡に近いのです。

似合うジーンズの選び方

ジーンズは種類が豊富なのでブランドやシルエットなどたくさんあります。

お気に入りのジーンズブランドが見つかるまでは、ジーンズのブランド選びさえも一苦労する事でしょう。

高ければ必ずしもシルエットがいいとも限らないがジーンズの世界の奥深さです。

しかし自分に合うシルエットの探し方の基本はサイズ選びにあったのです。

自分にジャストなウエストサイズを熟知しておく

ジーンズ選びの基本はサイジングです。

海外の方はフリーサイズの洋服は着ないのをご存じですか?

ファッションにまだまだ無頓着といえる日本人の多くはその原因にフリーサイズの洋服を着るという習慣があるからです。

そのくらい洋服には自分に合ったサイジングが重要なのです。

ジーンズでいうなら自分のジャストサイズのウエストを熟知しておくことが最低限必要です。

自分が持っているボトムの中でウエストが丁度良いと思うボトム一つはあると思います。

そのサイズを把握しておく事が大切なのです。

サイズはインチで把握していてもいいのですが、メーカーやブランドによりインチのサイズ感が違ってくるので出来れば㎝で把握しておくと良いでしょう。

ちなみに私はウエスト30インチがジャストサイズなので、海外サイズだと知らずにあるブランドのジーンズの30インチを購入したらやたらウエストが大きかったという失敗経験があります。

自分のウエストサイズの計り方

自分で自分のお腹周りを計るよりも、サイズの丁度良いジーンズでサイズを把握する方が簡単です。

平置きでの計り方はこうです。

ジーンズを用意しましょう。そのジーンズを床に広げて、ウエストの上部付近の端から端までを計測して2倍した数字があなたの丁度良いウエストサイズだと思ってください。

例えば、平置きでウエストの端から端が40㎝であれば、その2倍は80㎝なので、ウエストのジャストサイズは約80㎝となります。

メルカリとかヤフオクなどの古着商品紹介ページでよく”平置き実寸”とか書いてありますが、まさにこれが平置き実寸のことなのです。

日本人体型はジーンズが似合わない!?

ブラッドピッドのようにジーンズを格好良く履きこなすのは体型が違うので根本的に無理です。

日本人でもよほどスタイルが良くなければ何も考えずにジーンズを履いても全く似合わないのです。

その理由は身長が足りないから。

平均身長の低い日本人の場合、ジーンズの「太さ」に対して、身長である「高さ」が足りないから似合わないのだと私は思っています。

高いジーンズを買えばシルエットが綺麗だとか、そういう問題じゃなかったのです。

では結果的に私のような平凡な日本人体型でもジーンズが似合ってしまうジーンズって何だったのでしょうか。

身長170㎝前後の自分でも似合うジーンズはこれ!

太さに対する身長の高さの関係に気付いた私は裾の「長さ」ではなく、ジーンズの「太さ」に注目しました。

要するに、身長が低ければその分細いジーンズ選びをすればいいじゃないかって事です。

そこで購入したジーンズブランドは、ジーンズの王道でもある「LEVI’S」。

リーバイスのラインナップは豊富にありますが、その中でも自分の体型に合わせたジーンズを履かないと似合いません。

身長が低いのに無理して似合わない501を履き続けるのか、それとも現実を受け入れて自分に似合う品番を探すのかが分かれ道となるのですが、先におすすめの品番を教えてしまいます。

それが511です。

511は基本的にスリムで501と比べると股上が若干浅く、膝から裾にかけてもそのスリムさを保ち、裾幅も17㎝前後なので裾もスッキリとした印象。

日本人体型でも似合うポイントは裾幅にある

なぜ511が日本人体型に似合うかって、そのポイントは裾幅にあるのです。

501は裾幅が18㎝~20㎝程度に対して511は17㎝前後です。たかが2~3㎝の差ですがこの差はシルエットに大きな影響を与えているのです。

あまりピンとこなくてもジーンズが似合わないと悩んでいるならまず511を試してください。このジーンズは、特に「スリム系はちょっと・・・」と敬遠する人ほど履いてほしいです。

511はスキニースキニーした感じのきつさはありません。むしろ求めていたシルエットを手に入れることが出来ます。

無駄なダボつきだけが抑えられた優秀シルエット

511は余裕を持たせるところは持たして、無駄なダボつきを無くしています。

無駄の無いシルエットで非常に良く、若干股が浅めなのでプラスαで足長効果も見込めます

このシルエットは日本人体型でもジーンズが似合うように開発したのか?って思うほどの満足感を与えてくれます。

511の特徴は、身長である「高さ」が十分になくても、その分、「太さ」が細くなるので、身長が高くなくてもバランスが取れるシルエットになっています。

それ故に我々日本人体型に合っているのではないかと思っています。

リーバイス511(ストレッチタイプ)のサイズ感は??

きつくても駄目だし、ウエストが緩くてはシルエットが崩れますからサイズ選びは大事なところです。

私が購入したのは綿素材にポリウレタンが配合されているストレッチ性のある511。

ストレッチの効いている511は下記公式サイトから確認出来ます。↓↓

511はスリム寄りなデニムなのでサイズ選びを慎重にならざるを得ませんがポリウレタン配合のストレッチタイプのものならジャストサイズで問題ありません。

ストレッチタイプのものであれば履いているうちに生地がだんだんと伸びてきますしね。

リーバイス511(綿100%)のサイズ感は??

逆に綿100%の生地の場合はジャストサイズよりも1サイズ大きめがおすすめですね。

これは511に限らず私の場合、綿100%のデニムは1サイズ大きめのものを購入しているからです。

綿100%のデニムはジャストサイズできつめに履いた方が濃淡のついた色落ちが出やすいというメリットはありますが、私の場合はシルエットと履き心地重視で1サイズオーバーで履きます。

それには『ウエストを広げることは出来なくても縮めることは可能だから』という理由もあります。

私は過去にウエストを縮めたくてコインランドリーの乾燥機でウエストを縮めることに成功しています。

最近では511に限らずスリムタイプのものはストレッチが効いているものが多いですが、中でも綿100%素材の511を買うなら1サイズ大きめのものを買うことをおすすめします。

リーバイス511の基本的な履き方

511を初めて履く方は頭に入れておいていただきたい事が一つあります。

それは若干腰履き気味に履く事です。

何故かというと511はウエストラインが多少低めに設定されているので、若干腰履き気味に履くことで511本来のシルエットの良さが出るからです。

501や505のように腰上でしっかりと履く事に慣れてしまっている方は、多少股上の浅い511をつい腰上まで上げたくなりその結果、「きついな」と思ってしまいます。

しかも腰上まで上げるとシルエットも崩れてお尻がキュっとしてしまい「なんだこのお尻は!」みたいにショックを受けてしまいます。

「511」は若干腰履き気味で履く。という事を覚えておいてください。

これを知らないで履くと「リーバイス511ってきついな」と勘違いをしてしまい、せっかくいいジーンズなのに履かずじまいってことになってしまいますからね。

リーバイス511がきついならMADE&CRAFTEDがおすすめ

511は腰履き気味で履く事で本来のシルエットの良さが出るとお話しました。

リーバイス511のシルエットが好きなんだけど501のように腰でしっかり履きたい!なんて思う方は結構いると思うんですよね。

実は私もそうなんです。

でもそもそも論で、股浅タイプのボトムに履き心地を求めては駄目なんです。

511は腰でしっかり履くときついと感じるのは仕方のないことです。シルエットを優先するか履き心地を優先するかの究極の選択になるのです。

しかしそんな股浅の511と腰でしっかりと履く501の良いところだけを併せ持ったようなジーンズがリーバイスにあったのです。

それがリーバイスの上級モデルである『メイド&クラフテッド(LMC)』のジーンズです。

メイド&クラフテッドのラインナップは下記公式サイトで確認出来ます。↓↓

LMCのジーンズはシルエットや履き心地に加えてジーンズそのもののディティールが非常にいいです。

LMC(メイド&クラフテッド)はLVC( リーバイスヴィンテージクロージング)と同じ立ち位置でリーバイスのシリーズの中でも質も価格も1ランク上のモデル。

LMCを履くようになったのは数年前。

当時はneedle narrow(ニードルナロー)や、tuck slim(タックスリム)などといったスリム・スキニータイプの他、テーパードタイプの数種類しか無かったものが最近ではLMC版の501、502、511もラインナップされるようになりました。

通常のリーバイスとLMCって何が違うの?と思うかもしれませんがLMCのデニムを1本でも所有すれば全てが分かります。それほどクオリティーが違います。

当時私がLMCを履き始めるようになり、あまりにも気に入ってしまったので予定もしなかった『ジーンズ』に関する記事まで作成したほどです。

511やLMCのスリム系デニムなら裾の長さで悩まない

今までジーンズを履いた自分がダサいのは裾の長さのせいだと勘違いしていましたが511やLMCのスリム系を履くようになってからその考えは間違いだったことに気付きました。

これらのデニムなら折り返して履いても格好いいからです。

似合わない501を履いていた時期は裾の長さにかなり神経質になっていましたが無駄な時間とお金を使ってしまったなと感じています。

むしろ今では裾のアタリを楽しんでいるほどです。

過去の私のように裾の長さに神経質になったりしてジーンズで悩んでいる方がいるのであれば、511やLMCを一人でも多くの人へ教えてあげたいです。

総じて

身長が高くてスタイルがよければ基本的に何を履いても似合いますが、私のように典型的な日本人体型だと足が短いので少し余裕のある太さ&裾が長めのジーンズを履いてごまかしたくなります。

でもそもそもジーンズの型(シルエット)が似合っていなかったのです。これに気付くことが出来て本当に良かったです。

スタイルに自信が無い方は501ではなく511かLMCのスリム/スキニー系がおすすめです

私のようにジーンズが似合わない悩みを抱えている方の何かのヒントになれば幸いです。

お読みいただきまして、ありがとうございました。



タイトルとURLをコピーしました