日本人体型でも似合うジーンズが欲しい!お勧めはリーバイスのあのモデル。

ジーンズは好きだけど何となく自分には似合っていないと感じる事はありませんか?

私はつい最近まで自分にはどうしても似合わないと思っていましたし、そもそも日本人はジーンズが似合わないんじゃないかってさえ思っていました。

しかしジーンズにはスタイルの良し悪しにかかわらず、履きこなすにはあるポイントがある事に気付いたのです。

量販型安物のジーンズをおすすめしない理由

安物のジーンズは履かなくなりました。安いジーンズが悪いという訳ではありません。

安物のジーンズでも試着して自分に似合うものであればそれに越した事はありませんからね。

でもほとんどの場合、安物量産型のジーンズのサイズバリエーションはウエストサイズくらいです。

その為、シルエットの違いはそこまでなく、痩せている人も、通常体型の人も、少しぽっちゃりの人もある程度カバーできるよう作られていると思います。

いわば万人向けジーンズなのです。

奇跡的にも自分に似合うジーンズに出会える確率は少ないと思います。

似合うジーンズの選び方

ジーンズは種類が豊富なのでブランドやシルエットなどたくさんあります。

お気に入りのジーンズブランドが見つかるまでは、ジーンズ選びも一苦労する事でしょう。

高ければ必ずしもシルエットがいいとも限らないジーンズ選びの基本はサイズ選びにあります。

自分にジャストなウエストサイズを熟知しておく

ジーンズ選びの基本はサイジングです。

自分が持っているボトムの中で、ウエストが丁度良いと思うボトム一つはあると思いますので、そのサイズを把握しておく事が大切です。

サイズはインチで把握していてもいいのですが、メーカーやブランドにより、インチのサイズ感が違ってくるので出来れば㎝で把握しておくと良いでしょう。

ちなみに私はウエスト30インチがジャストサイズなので、海外サイズだと知らずにあるブランドのジーンズの30インチを購入したらやたらウエストが大きかったという失敗経験があります。

自分のウエストサイズの計り方

自分で自分のお腹周りを計るよりも、サイズの丁度良いジーンズでサイズを把握する方が簡単です。

平置きでの計り方はこうです。

ジーンズを用意しましょう。そのジーンズを床に広げて、ウエストの上部付近の端から端までを計測して2倍した数字があなたの丁度良いウエストサイズだと思ってください。

例えば、平置きでウエストの端から端が40㎝であれば、その2倍は80㎝なので、ウエストのジャストサイズは約80㎝となります。

メルカリとかヤフオクなどの古着商品紹介ページでよく”平置き実寸”とか書いてありますが、まさにこれが平置き実寸のことなのです。

日本人体型はジーンズが似合わない!?

ブラッドピッドのようにジーンズを格好良く履きこなすのは体型が違うので根本的に無理です。

日本人でもよほどスタイルが良くなければ何も考えずにジーンズを履いても全く似合わないのです。

その理由は身長が足りないから。

平均身長の低い日本人の場合、ジーンズの「太さ」に対して、身長である「高さ」が足りないから似合わないのだと私は思っています。

高いジーンズを買えばシルエットが綺麗だとか、そういう問題じゃなかったのです。

では結果的に私のような平凡な日本人体型でもジーンズが似合ってしまうジーンズって何だったのでしょうか。

身長170㎝前後の自分でも似合うジーンズはこれ!

太さに対する身長の高さの関係に気付いた私は裾の「長さ」ではなく、ジーンズの「太さ」に注目しました。

要するに、身長が低ければその分細いジーンズ選びをすればいいじゃないかって事です。

そこで購入したジーンズブランドは、ジーンズの王道でもある「LEVI’S」。

リーバイスのラインナップは豊富にありますが、その中でも自分の体型に合わせたジーンズを履かないと似合いません。

身長が低いのに無理して似合わない501を履き続けるのか、それとも現実を受け入れて自分に似合う品番を探すのかが分かれ道となるのですが、先におすすめの品番を教えてしまいます。

それが511です。

511は基本的にスリムで501と比べると股上が若干浅く、膝から裾にかけてもそのスリムさを保ち、裾幅も17㎝前後なので裾もスッキリとした印象。

このジーンズは、特に「スリム系はちょっと・・・」と敬遠する人ほど履いてほしいです。

私もスリム系シルエットを勘違いしていたのか、511を履いたら自分の想像していたシルエットとは違い、程良いスリムな事に気づきました。

無駄なダボつきだけを抑えたシルエット

511は余裕を持たせるところは持たして、無駄なダボつきを無くしています。

無駄の無いシルエットで非常に良く、若干股が浅めなのでプラスαで足長効果も見込めます

このシルエットは日本人体型でもジーンズが似合うように開発したのか?って思うほどの満足感を与えてくれます。

511の特徴は、身長である「高さ」が十分になくても、その分、「太さ」が細くなるので、身長が高くなくてもバランスが取れるシルエットになっています。

それ故に我々日本人体型に合っているのではないかと思っています。

リーバイス511のサイズ感は??

きつくても駄目だし、ウエストが緩くてはシルエットが崩れますからサイズ選びは大事なところです。

私が購入したのは511でもストレッチ性のあるタイプ。

(リーバイス)Levi’s 511 クラシック スリムテーパード 00511-1322 リンスカラー 32 デニム ジーンズ

511はスリム寄りなデニムなのでサイズ選びを慎重にならざるを得ませんがポリウレタン配合のストレッチタイプのものならジャストサイズで問題ありません。

ストレッチタイプのものであれば履いているうちに生地がだんだんと伸びてきますしね。

逆に綿100%の生地の場合は個人的にはジャストよりも1サイズ大きめをおすすめします。

これは511に限らず私の場合、綿100%のデニムは1サイズ大きめのものを購入しているからです。

綿100%のデニムはジャストサイズできつめに履いた方が濃淡のついた色落ちが出やすいというメリットはありますが、私の場合はシルエットと履き心地重視で1サイズオーバーで履きます。

色落ちにこだわって履き心地を捨てるのもいいですがジーンズなんて所詮作業着ですから無理して頑張って履くのは本末転倒なんじゃないかなって思うんですよね。

リーバイス511の基本的な履き方

511を初めて履く方は頭に入れておいていただきたい事が一つあります。

それは若干腰履き気味に履く事です。

何故かというと511はウエストラインが多少低めに設定されているので、若干腰履き気味に履くことで511本来のシルエットの良さが出るからです。

501や505のように腰上でしっかりと履く事に慣れてしまっている方は、多少股上の浅い511をつい腰上まで上げたくなりその結果、「きついな」と思ってしまいます。

しかも腰上まで上げるとシルエットも崩れてお尻がキュっとしてしまい「なんだこのお尻は!」みたいにショックを受けてしまいます。

「511」は若干腰履き気味で履く。という事を覚えておいてください。

腰履きが嫌ならメイド&クラフテッドがおすすめ

511は腰履き気味で履く事で本来のシルエットの良さが出るとお話しました。

しかし今まで501のように腰上でしっかりと履く事に慣れている人は少し履き心地が悪く感じる人も居るのではないかと思います。

そもそも股浅タイプのジーンズが苦手だといくらシルエットが優秀な511でも履き心地まではカバー出来ません。

そのような場合、無理して511を履かなくても他にもおすすめのジーンズがあるんです。

それがリーバイスのLMCと呼ばれるメイド&クラフテッドのジーンズです。

詳しくはこちらでもご紹介していますが、このデニムは腰上でしっかり履けてシルエットもいい。それでいてクオリティーも良く大変気に入っています。

慎重な裾上げはもうしなくなりました

今までジーンズを履いた自分がダサいのは裾の長さのせいだと勘違いしていた私。

リーバイス511やメイド&クラフテッドのように、身長が高くない自分でもシルエットが綺麗なジーンズに出会えてからというもの、裾の長さは気にならなくなりました。

確かにあまりにも裾が長かったり短かったりというのは論外ですが、1㎝裾上げするかしないかで見た目が・・・・という悩みは消えました。

何故かというとジーンズのシルエットがいいから、そのまま履いても折り返して履いても格好良くキマるからなんです。

過去の私のように裾の長さに神経質になったりしてジーンズで悩んでいる方がいるのであれば、511やLMCを是非教えてあげたいです。

総じて

身長が高くてスタイルがよければ基本的に何を履いても似合いますが、私のような典型的な日本人体型だと足が短いし、少し余裕のある太さで裾も長めのジーンズを履いてごまかしたくなります。

でもそんな事してジーンズを履いてもシルエットは当然ダサいです。

だったら日本人体型でも似合うジーンズを履いた方が賢明かと思いますね。

自分の容姿をきちんと受け入れて、自分に見合うジーンズを見つける事が大事なんだな~と思う最近です。

お読みいただきまして、ありがとうございました。