プルームS(エス)ユーザー向け。新型のプルームエス2.0を1ヶ月使ってみた感想。

電子タバコ

2020年7月2日にプルームエスユーザー待望の新型デバイスであるプルームS2.0が発売されました。私は発売日から間もなくフラッと寄ったコンビニでたまたま見かけたので試しに購入してこの記事を書くまでひたすら吸ってみましたのでそろそろその感想を書きたいと思います。

ちなみに私の最近のスタイルは専らプルームS(キャメルのレギュラー)で合間に気分転換を兼ねてプルームテックプラスでメンソールを吸っています。

巷(ちまた)ではキック力に欠けると言われているプルームSとプルームテックプラスに概ね満足している人間の感想なので私と同じような吸い方をしている方に向けての感想として捉えてくださいね。

新型プルームエス2.0の魅力を簡潔に言うならば

今回新発売されたプルームエス2.0ですが、その魅力を一言で言うならば「テイスト・アクセル」という新機能が新たに搭載されたことです。

平たく言うとこのテイスト・アクセルモードで吸うとキック力や味わいがアップするというものと考えてもらえればいいかと思います。

もちろんプルームエス2.0で通常モードで吸う事も出来ますがそれだったらわざわざプルームエス2.0を買わなくても旧型の安くなったプルームエスを使っていた方がいいということです。

今回の記事ではこのテイスト・アクセルの感想を始め、新型のプルームエス2.0を約1ヶ月超使った上での感想を述べたいと思いますのでまだ購入を検討している方はご参考にしてみてくださいね。

プルームエス2.0のキック感は本当に上がったか?

現在旧型プルームエスを使っている方にとって気になるポイントはここですよね。

3,980円も出して買う価値があるかないかは今よりもどの程度キック感が上がっているかによるわけです。

私も購入する時はここで少し迷いましたがやはり自分の使っている加熱式電子たばこの新しいデバイスは気になって仕方ないのでよく検討せずに勢いで買ってしまいました。

メンソールに特化したと言われているプルームエス2.0で始めて吸ったのはキャメルのレギュラーでした。

その感想はというと、旧型のプルームエスで吸った時の約1.5倍程度のキック感を得ることが出来ました。

個人的には結構満足でしたね、ちなみに1度目よりも2度目に熱した時の5口目くらいまでが結構な吸いごたえです。

結論としましては、旧型プルームエスよりもキック感は間違いなく上がりましたが個人的な感想としては1.5倍程度のアップです。

プルームエス2.0でおすすめのたばこスティックは?

一番キック感が弱いと考えられるキャメルのレギュラーでまずまずの評価だったのでプルームエス2.0で一通り色々な種類のたばこスティックを試してみました。

中でもメンソール系は専用設計されているだけに結構な辛さです。

キック感ももちろんアップしていますが、プルームエス2.0で吸うメンソールの感想は「辛い!」です

元々レギュラー派の私は紙巻たばこ時代からメンソールの辛さが苦手だったので何とも言えませんがかなりのスースー感を味わうことが出来ますのでメンソール好きの方なら結構な手応えがあるんじゃないかって思っています。

特にメビウスのクール・エフェクトやキャメルのメンソールはアイコスのメンソールに負けてないんじゃないかな。

舌・喉・肺の順にガツンと清涼感を味わうことが出来るので真夏の炎天下ではガツンとスッキリする感じで夏限定で私も鞄に忍ばせています。

あとプルームエス2.0で吸うと結構評価が高かったのがメビウスのメンソール・パープルです。

このパープルは旧型プルームエスの時に何度か吸いましたが私の口には合わずそれ以来吸うことはなかったのですが、プルームエス2.0で吸うパープルは悔しいけれど結構いいです

メンソール特有の辛さはあるものの、くせのある何とも言えない甘みとその香りが後を引くんですよね。

なんか、コンビニに行く度にメインの他にサブでパープルも買ってしまう自分がいるんですよ。

まあとにかく私は節約の為にキャメルのレギュラーとメンソールをメインとして吸っていますが、「2.0でのおすすめは?」と聞かれたらメビウスのクール・エフェクトかメンソール・パープルを薦めますね。

ちなみにプルームエス2.0で吸うとたばこスティックのキック感や味わいは結構変わるので余裕があれば一通り全種類吸って自分の好みのたばこスティックを見つけた方がいいかもしれません。

バッテリーの持ちが格段に上がった

キック感が向上したのは分かっていただけたかと思いますので次にバッテリーの件について感想を書きたいと思います。

プルームエス2.0を使い始めてすぐに恩恵を受けたのがバッテリーの持ち。

私は基本的にプルームエスでは1本のたばこスティックを2回吸っているのでただでさえバッテリーの持ちが悪い旧型のプルームエスを使っていると一日に何度も充電していましたがプルームエス2.0は比べ物にならないくらいバッテリーの持ちがいいです。

プルームエス2.0を使い始めてからというもの、外出時に充電する回数は1回あるかないかの程度になりました。

車の移動がメインの方なら運転中に充電出来るからいいですが電車や自転車メインの方はこのバッテリーの持ちはかなり魅力的ですよ。

充電ケーブルがBからCになったメリット

充電ケーブルが旧型ではB型でしたがプルームエス2.0ではC型になりました。

せっかく同じシリーズのデバイスを買ったのに既存の充電ケーブルが使えないのは不満でしたが私が感じたメリットもあります。

B型だと差込み口の形状を確認しないといけないので車の運転中に充電ケーブルを差そうとする時は結構危険でしたが、C型は両面対応なので充電ケーブルを差す行為がかなり楽になりました

車の運転が多い私にとってこれは意外な恩恵でしたね。

ちなみにあっちこっちにB型端子の充電ケーブルがあるので買い直すのは勿体無いので100均でB→Cに変換するキャップを購入してそれを使ってます。

ホワイトカラーは汚れが目立つし消えない・・・

プルームエス2.0はブラック・シルバー・ホワイトと3種類のカラーがラインナンップされています。

最近身の回り品にブラックが多かったので気分転換にホワイトカラーを選びましたが後悔しています。

ホワイトはマットな手触りなので汚れが付きやすいし、小傷が目立ちます。

しかもその汚れは拭いてもなかなか取れませんのでホワイトカラーをチョイスするならカバー装着は必須ですよ。

やっぱりブラックかシルバーにすればよかったとまだ後悔しています。

お金を出して買う価値はあるか?

いかがでしたでしょうか、旧型プルームエスのユーザーである私が1ヶ月使ってみての感想でした。

最後にプルームエス2.0を3,980円を出して買う価値があるかどうかについて考えたいと思います。

これが仮に1,980円でしたら即購入で間違いないのですが3,980円ともなると考え物ですよね。

物に対する価値って人それぞれだから一言に「おすすめですよ」とも言えませんが、ちなみに私はプルームエス2.0のテイスト・アクセルモードを味わってからは旧型プルームエスの出番はおろか、どこに置いたかさえも分からなくなっています。

このような事からあくまで私の場合はすっかりプルームエス2.0に魅了されているということになります。

メンソールフレーバーが好きな方は更なる刺激を得ることが出来るので購入して失敗したと思うことはないはずですよ。

もしプルームエス2.0の購入を考えているならカラーはアイスシルバーがおすすめ。

その理由に、汚れ・傷が目立たない。新色であり限定カラーでもあるからです。

コンビニでシルバーアイスの在庫があれば運がいいほうです。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました