当選したらコスパは高いけど末等さえ当たらないと噂の「100円BIG」を運試しに1,000円分買った結果がこちら!

サッカーの知識が無くてもコンピューターがランダムに予想してくれるからサッカー素人でも楽しめると話題のBIG。中でもコスパが高いと言われている100円BIGを試しに購入してみました。

BIGとは?

BIGはご存じの通り、指定されたサッカーの各14試合の90分間の試合結果をコンピューターがランダムに予想したくじを買うもので予想の要らないスポーツくじです。

同じようなくじで自分で試合結果を予想するスポーツくじ「toto」とは違って予想が必要ないからサッカーに詳しくなくても気軽に購入出来るスポーツくじなんです。

BIGには種類があって基本的には1口300円から購入できる普通の「BIG」の他、1口100円から購入出来る「100円BIG」があります。

BIGを買うならどれがいい?

もっと掘り下げるとBIG1000(1口200円)やミニBIG(1口200円)という種類もありますがこの2種類は1等の当選確率がぐんと上がりますが1等の当選金はBIG1000が1,000万円、ミニBIGが100万円なので個人的にはあんまり興味が湧きません。

一方、BIGはキャリーオーバーがある時は1等最高6億円、キャリーオーバーがなくても1等最高3億円です。

また100円BIGは1口100円というリーズナブルな金額にかかわらずキャリーオーバーがある時には1等最高で2億円、キャリーオーバーがない時でも1等最高1億円が当たるんですよ。

しかもBIGと100円BIGは、1等から5等までの当選確率はそれぞれ変わらなく、BIGだけ末等が6等まで用意されているだけです。

ここまでの話だけでBIGを買うなら100円BIGが一番コストパフォーマンスがいいと思いませんか?

確かにBIGと100円BIGの1等の当選金の差は数億円あるものの、1口100円のくじで億が狙える権利があるのってとても魅力的だと思います。

しかもサラリーマンにとって当たるか当たらないか分からない(しかも多分当たらない)くじに対して1口300円はかなり痛いです。

BIGも100円BIGも1等の当選確率はいずれも約1/480万です。

同じ確率なら1,000円で100円BIGを10通り購入して億を狙う方がどう考えても効率的な気がしてなりません。

という単純な発想から個人的にはBIGを買うなら100円BIGオンリーという結論に至っています。

100円BIGを何口買うか

たからくじを購入する時にいつも迷うのが購入口数ですよね。

購入口数は多ければ多いほど当選確率が上がるのは間違いないのですが、人それぞれ資力に応じた買い方をしなければなりません。

私は恥ずかしい事に宝くじ売り場で衝動的に買う時は出しても1,000円です・・・。

年配の方とかは10,000円分とか3,000円分とか普通に買っているのをよく見かけますが小遣いが3万以下の私にとってそのような買い方は到底真似出来ません。

毎回予算1,000円の私はサマージャンボとか年末ジャンボのような1口300円の宝くじを買う時でも結局3通り分しか買えないので今考えたら奇跡中の奇跡が起こらない限り当選しませんよね。

最低でも10枚(3,000円分)以上は買わないと話にならないです。

そんなひもじい買い方をBIGに引きずることはせずに、1口100円の100円BIGを1,000円で10通りを購入しています。

BIGってコンピューターがランダムに予想するとはいえ、故意なのかどうか分かりませんが引き分けの予想が多いんです。

その為、私の経験上だと1口とか2口だけの購入だと引き分けだらけの予想数字しか与えられません。

さすがに10通りを購入すると、10通りのうち、2~3通り分はまあまあリアルな予想数字が入っているものです。

そのような理由から私がおすすめする100円BIGの購入口数は10口(1,000円分)です。

予算1,000円で1口300円のくじでは3通りしか当選権利がなかったものが、1口100円だと同じ予算でも一気に10通り分の当選権利が与えられるのでプチVIPな気分を味わえますよ。

もちろん1,000円以上購入することで当選確率は更に上がりますが宝くじってギャンブルではなく「運試し」だと思っているの一度の挑戦で支出する予算は1,000円まで!と心に決めています。

100円BIGを1,000円分購入してみた

たまたま立ち寄った宝くじ売り場にBIGが売っていたので100円BIGを1,000円分で10通り購入してみました。

宝くじ売り場で購入した100円BIGはこんな感じです。

購入した100円BIG本券

1,000円でコンピューターがランダムに予想した試合結果をこのように10通り分を手にする事ができます。

見ていただいて分かる通り、引き分けの予想である「0」の数字が結構目立ちますが、10通り買うと1~2通り分くらいはまともな予想数字(引き分けが少ない)も入ってきますね。

要するにBIGは1口なんて少ない事言わないで10口以上は買ってくれよな!って事なんでしょうか。

この100円BIGの末等は14試合中10試合予想的中の5等からですが、結果からいうとこの回の当選はなく、最高で9試合予想的中に終わりました。

100円BIGが当たった!

ついこの間、小銭が財布にあったので1,000円分ではなくて500円分で100円BIGを5口購入したのを忘れてて、宝くじ売り場で調べてもらうと「当選してますね」と言われました。

結構、当たり前のように冷静な口調で言われたので私も動揺しないように「本当ですか?」と冷静を装って話していましたが内心はかなりドキドキでした。

今まで色々とBIGの事をググっていましたが数年間も毎週購入しているのに末等さえ当たらないとか色々書いてあったので実は期待していなかったのですが、まさか5口購入程度で当選してしまうとは。

そのような考え事をしていると宝くじ売り場の店員さんが「はい、当選金です」と差し出してきたのはなんと・・・・

小銭100円玉が8枚(笑)

これが当選して払い戻し金と一緒に渡された明細書です。

当選の証拠(照合結果・払戻明細書)

まさか1等が当選したとは思っていなかったものの、3等・4等あたりかな~?2等だったらどうしようとか淡い期待をしていましたが見事に末等の5等の当選でした。

100円BIGの5等という事は4コ外れで、要するに14試合のうち10試合が予想的中したということです。

それでも500円で購入したくじが800円に化けたんだから、この回だけ単体で考えたら300円儲けさせていただいたんですからありがたく思わなくてはなりません。

100円BIGは一般人でも当選する

今回当選した金額は少額だったものの、100円BIGは当然ですが我々一般人でもちゃんと当選するようになっているようですね。

宝くじってあまり当たらないイメージだったのでもしかしたら関係者以外当選しないように仕組まれているんじゃないの?って疑っていましたがどうやらそうでもないようですね。

多分、本当に高額当選した人なんてわざわざネットに書き込まないし、当たらなくて悔しい思いをしている人達が「全然当たらない!」って書き込んでいるのを見てばかりいたので私の中で偏見が芽生えてしまったのでしょう。

継続的に購入すると当選確率を上がるらしい

当選する為には小額でも継続して買い続ける事が大切だと高額当選者はみんな口を揃えて説きますが毎週宝くじ売り場に出向くのはちょっと大変です。

ネットバンクに口座を持っているので100円BIGの予約購入の設定でもしようかと思っています。

出しても1,000円なので、わざわざ宝くじ売り場に出向くのも億劫な時があるし1口からでも予約購入が出来るならネットバンクから購入する方がいいですよね。

ちなみにネットバンクでこのような宝くじを購入するメリットは2つあります。

1つは継続して買い続ける事が出来ることで、もう一つは高額当選した時にネットバンク口座へ勝手に振り込んでもらえる事です。

今から高額当選の話をするなんてなんておこがましいかもしれませんが、もし高額当選した場合、通常はリアル店舗の銀行へ行かなくてはなりませんよね。

いくら守秘義務があっても銀行の従業員から個人情報が漏れたら・・・なんて考えるとネットバンク口座へ振り込んでもらえる方が気が楽なような気がします。

100円からでも億を狙えるのが100円BIGの魅力

何はともあれ買わなければ当たらないのが宝くじです。

1度や2度、ノリで買ってたまたま高額当選するほど甘いものではないという事は分かっているつもりです。

自分の資力の範囲内で高額当選をするまで買い続けることです。

同じ100円でも宝くじを買うなら100円のスクラッチくじなんかより、100円BIGの方が夢があるし、何より億を狙える。

コンピューターによるランダム予想というのが多少引っかかりますが要するに一度に10口程度買いなさいという事なんでしょう。

まあ毎日毎日同じような事をやっているサラリーマンにとって未来に夢を持つという事はとても素晴らしい事だと思います。

夢とは「いつかは独立を・・・」という夢でもいいのですが、宝くじの高額当選の楽しみを常に持つという事も立派な夢ですよね。

1口でも2口でも常に購入していれば、常に夢を持って生活しているという事になります。

ただ毎日を機械的に過ごすのではなく、常に未来に向かってプラス要素の夢を持つ事が現代サラリーマンには必要な気がしてなりません。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です