50吸いで交換なんて勿体ない!プルームテックプラスのカプセルを節約する3つの方法。

電子タバコ

数ある加熱式電子タバコの中でも発生するニオイとゴミが最も少ないという理由でプルームテックプラスを愛用していますが最近誰もが直面するであろうある悩みが出てきました。

そのある悩みというのは金銭面です。

プルームテックプラスのたばこカプセルは2020年4月現在で1箱500円。

私は何も考えずに吸っているとプルームテックプラスのたばこカプセルを1日2箱のペースで消費してしまいます。

お金が減るのがやけに早いのはたばこカプセルの消費量が多いのが原因だということは自分でも分かっています。

理想は2日に1箱ペース、せめて1日1箱に抑えないとこのままではプルームテック貧乏になってしまいます。

プルームテックプラスにかかる月額コスト

あくまで私の場合ですが現在プルームテックプラスには月額3万円ほどかけています。

なぜなら1日に2箱買っているから。

このご時世でたばこに月3万も!?と思われるでしょうがこれはあくまで将来の完全禁煙に向けての先行投資と考えております。

これが仮にキック感の強いアイコスやグローなら1日一箱で収めることは出来るでしょう。

しかし目指すゴールが完全禁煙の私にとって、多少コストがかかってもプルームテックプラスしか吸わない事にしているのです。

とはいえですよ、とはいえこのままでは私の毎月のお小遣いがほぼプルームテックにしか使われない状態に陥ってしまうので何か対策をせずにはいられません。

1日2箱消費すると年間36万円・・・

プルームテックプラスメインで吸っている方の中にはキック感の物足りなさから1日2箱糧買っている方多いと思うんですよね。

そして私のように「いつかは減らさなくては」と焦っているでしょう。

そんな方は1日に1,000円使ってしまったという計算より年間で考えることをおすすめします。

1日2箱買うと年間では36万もの大金をたばこカプセルに消費していることになります。

「いつかは・・」という考え方で余裕こいているとすぐに1年経過してしまい36万円の大金を失うことになりかねませんよ。

車の保険会社を代えて年間20,000円安くなった!って喜んでいる場合じゃありません。

たばこカプセルの消費を半分に抑えれば年間18万円の節約になるのですから。

そういえば最近何も買ってないはずなのにお金が残らない・・・と思っているなら薄々気付いているであろうプルームテックの節約に目を向けるべきなのではないでしょうか。

吸い過ぎの原因は?

節約する為にまずは吸い過ぎの原因を考えたいと思います。

プルームテックプラスは好きなタイミングで吸えて好きなタイミングで中断出来ますのでアイコスやグローとは違って「 終わりの無い一服 」を提供してくれます。

プルームテックプラスで吸う一服の区切りは自分で決めないといけないので私のような自分に甘い人間はついダラダラと吸ってしまいます

同僚と会話しながら吸っているとその時の休憩時だけでたばこカプセル1個消費しちゃっている時がありますからね。

ちなみにその休憩時に同僚が吸ったタバコの本数は2本です。

私は5個あるうちの1個を消費してしまった為、20本入りのたばこに換算するとたばこ4本相当を吸ってしまったということになりますのでこの時点で同僚よりも2倍のお金を消費している計算になるのです。

吸い過ぎの元凶はまさにここにあると思います。

たばこやアイコスのように「 一服は2本まで! 」と決められないところがついつい多く吸ってしまう原因なのです。

だからといってプルームテックプラスを吸う時に「一服は10吸いまで!」と決められますか?私は無理です。

たばこカプセルの節約が現実的

このような事情の中、吸い過ぎを抑える為にはやはりたばこカプセル自体の節約を行う他ありません。

たばこカプセル50吸いで交換しなくても済むようにすれば味が無くなろうがキック感が弱まろうがそれこそ自分の納得したタイミングでたばこカプセルを交換出来ます。

その結果、節約に繋がるのです。

ということでたばこカプセルの節約方法について3つ記事にしたいと思いますので宜しければご参考にしてみてください。

カートリッジを再生する

おすすめ度★★☆☆☆

初代プルームテックではお馴染みのカプセル節約方法ですが、プルームテックプラスでもカートリッジは再生出来きます。

それでは早速写真付きでご説明したいと思います。

私は即興で行ったので画鋲と小さなはさみを使いましたが、ピンセットと精密マイナスドライバーを100均で購入してからトライしてみてくださいね。

ではこの空の純正カートリッジを使って再生していきます。

まず2ヶ所のツメを外します。ツメは下記写真の赤枠部分ですね。

私は画鋲でやってしまいましたが失敗するとツメが破損したりするので出来れば精密マイナスドライバーなどでやるといいです。

この後、反対側のツメも外して1個目の蓋を分解しました。

次にコイル(針金みたいなやつ)が付いた部品を引っ張り出します。ここははさみではなくてピンセットで取ってください。

コイルの付いた部品を外すとこんな感じです。

次にコットンをつまんで出します。私ははさみでやってしまったので少し切れてしまいました・・。この作業もピンセットでやることをおすすめします。

コットンを取ったらコットンの受け皿的なプレートも取りましょう。受け皿は下記写真の赤枠の部分です。

受け皿を取ったら、これで準備完了です。あとはこの中にリキッドを入れれば再生カートリッジの出来上がりです。

プルームテックにおすすめと言われている「プルリキ」を入れました。あまり入れすぎるとリキッド漏れしそうなので控えめに7割くらいにします。

リキッド注入後は分解した手順とは逆に組立てします。写真でいうと①→②→③→④の順で組立ていきます。

ベプログ プルリキ 15ml (レギュラータバコ)

せっかくなので組立復旧も写真で説明しますね。まずは①のコットンの受け皿を戻します。

次に②のコットンを戻しま~す。

不器用な方の為に、③と④をはめる前に③と④を予め組み立ててしまいます。この二つはツメを合わせて「カチッ」とセットします。

ちなみに忘れがちなのがセットする向きです。下記写真のように④の縦ラインに③の赤線に合わせてセットしましょう。

横から見ると分かりやすいですかね?赤枠部分がツメです。これが2ヶ所あるのでツメを合わせて組立てましょう。

③と④をセットしたら、最後にリキッド容器にツメ(写真矢印部分)を合わせて「カチッ」とセットして完了です。

はい、再生リキッドの出来上がりです。一度やれば慣れます。所要時間は3分~5分といったところでしょうか。

以上が純正カートリッジの再生方法です。コイルは消耗品なのでリキッドを2~3回使ったらカートリッジを変えた方がいいと思います。

ただ再生リキッドの味の感想は、さすがに純正カートリッジと同等の品質を求めるには厳しいかもしれません。

純正カートリッジとは別物だという考えで吸うならいけます。

ただ数あるリキッドとカプセルの相性がいい組合わせを見つけられたとしたらこの方法が一番最強になる事は間違いありません。

この方法を使えばリキッドさえ購入すればカプセルの味が無くなるまで思う存分吸えますよ。

ただとてもじゃないけど外出先では面倒臭くてやれません。

私は慣れたので再生カートリッジを作るのに2分程度です。少し時間のある時にこのように再生カートリッジのストックを作り置きしてます。

再生カートリッジの最大のメリットは節約です。これでかなりのお金が浮くはずです。

あえてデメリットを言うならば、空になったカートリッジとシリコンキャップは再生カートリッジ用に残しておかないといけないので簡単に捨てられないことでしょうか。

あとは再生カートリッジを作る手間ですが、これらのデメリットを差し引いても大幅なコスト削減に繋がるのでちょっとでも興味を持ったらトライしてみてはいかがでしょうか。

ちなみにカートリッジ分解は今回分かりやすいように、①~④の4つの部品に分けて行いましたが実は慣れると③と④はうまくやれば一気に外せます。

更に①と②もクリップなどを変形させればコットンを受け皿ごと持ち上げる事が出来ます。

なので慣れれば私のようにより早く再生カートリッジを作るコツを掴む事も可能なのです。

分解が面倒なら再生用カートリッジがおすすめ

もしこの記事を読んでも純正カートリッジの分解や組立復旧が分からない、若しくは面倒だと感じるなら簡単にリキッドを注入出来る再生用カートリッジがおすすめです。

再生用カートリッジはややこしい分解や組立をせずにカートリッジの蓋を開けてリキッドを注入するだけで再生カートリッジが作れます。

プルームテックプラス カートリッジ 再生用 日本初黒セラーミック製 1.2ml容量 4回繰り返し可能 1.3ohm 工具不要 電子タバコ互換 カートリッジ 2019年発売 ploom tech 互換 アトマイザー カプセル装着可 3個入り

純正カートリッジで再生カートリッジを自作するよりもコストはかさみますがそれでも手間はかなり省けます。

分解してまで再生カートリッジを作ることに抵抗がある方には嬉しいアイテムだと思います。

互換カートリッジを使う

おすすめ度★★★☆☆

先ほど紹介したカートリッジの再生は究極の節約方法です。

もう少しお金をかけてもいいから面倒な作業はやりたくない方は既にリキッドが入っている互換カートリッジを買うのがおすすめです。

という事で私は2種類の互換カートリッジを試してみましたので早速ご紹介したいと思います。

商品説明に日本産リキッドと書いてあったのが購入理由です。

↓購入した互換カートリッジはこちら↓

今、プラスでお気に入りのフレーバーはゴールドローストのレギュラーなので抹茶っぽいリキッド味のカートリッジをチョイスしてみました。

無味無臭にするか迷ったのですがカプセルの味が無くなった時に、何かしら味があったほうがいいか~と思ったのです。

個別包装されたカートリッジが10個入っています。これが気に入ったら割安の20個入りのほうを買います。

ちゃんとシリコンキャップも付いてますよ。容器には「マイルド」と記載されています。

セットも難なく出来ました。どうやらサイズ感もぴったりのようです。

味の感想ですか??

私の試したお茶味は最初こそ抹茶の粉が喉に引っかかる感じがして「失敗した!」と思ったのですが不思議なもので慣れるとクセになってしまいますね。

抹茶風味とローストカプセルのハーモニーが口と喉の中に広がって個人的にはいい感じです。

先ほども言いましたが、なんかこう喉に引っかかる感じがクセになるし、味・香り共にいいですよ。

また煙量も心なしか純正カートリッジよりも多いような気がします。

そして抹茶テイストのマイルドブレンドも試さない訳にもいきませんね。

お~これも抹茶テイスト同士なので相性はとても良い。

でもゴールドリーフじゃない分キック感は多少劣りますのでこの組合わせは味や風味を重視する方におすすめですね。

マイルドブレンドのゴールドリーフ版が発売されればこの組合わせは最強になるはずなんですが。

そしてメンソールはこちらの互換カートリッジを試してみました。

プルームテックプラス カートリッジ メンソール プルームテック プラス ミント ploom tech 互換 アトマイザー 純正タバコ カプセル対応 爆煙 ANUWAA (30)

ANUWAA互換カートリッジ30本入りがAmazonのセールで安かったのでつい購入してしまったものです。

これも購入した理由は国産っぽいからですがMADE IN CHINAと記載されていますね。

でも原材料が国産と表記されています。

30本もあればしばらくの間、カートリッジは思う存分使えそうですがこの量・・・すごいです。もし味が気に入らなかったらどうしましょう。

個々のカートリッジは個別包装されていて衛生面ではバッチリです。容器にはフレーバー名の記載は何もないようです。

さてこの互換カートリッジを試してみましたが、包み隠さず個人的な感想を一言で言うならば5段階評価で3です。

箱や個別包装、国産原料というのはポイントが高いものの味に関しては好き嫌いが分かれるでしょう。

プルームテックプラスやマイブルーのようなマイルドでどこか優しいメンソール味が好きな方には厳しいかもしれません。

この互換カートリッジのメンソールは人工的に作ったようなメンソール味が否めません。

吸い続ければきっと慣れるでしょうが、元々メンソールではなくレギュラー派の方が気分転換に吸うメンソールとしては使えません。

今2種類の互換カートリッジをご紹介しましたが、私はこのような互換カートリッジを使うようになってからは1カプセルを100吸い(カプセル2回分)してます。

さすがにカプセル3回分の150吸いは厳しいですが今まで50吸いで交換していたのでかなりの節約になってますよ。

純正カートリッジを買う

おすすめ度★★★★☆

やはり純正カートリッジに勝るものはありません。

JTでも純正カートリッジ単体販売をやってくれれば絶対買うんですが今現在(2019年11月)販売されていないようです。

金銭的に余裕があるなら未使用・未開封の純正カートリッジを買ってそれを使うのが間違い無いでしょう。

私はお小遣いに余裕がある時はメルカリという個人同士の不要品売買サイトで未使用・未開封の純正カートリッジを購入しています。

なぜ純正カートリッジが不要な人がいるのかというと、互換カートリッジや再生リキッドで足りている人がいるからだと予測します。

そのような人は純正カートリッジを売ってリキッドの購入費用に充てるのでしょう。

まさに捨てる神あれば拾う神ありですね。

プルームテックをVAPEで吸う

おすすめ度★★★★☆

たばこカプセルの節約にはVAPEを使う手段もあります。

VAPEにたばこカプセルを装着してプルームテックを吸うのです。

ただしVAPEと言っても何でもいいわけではなくたばこカプセルとの相性が良いものを選ばなければなりません。

例えば”爆煙”と言われているようなVAPEにたばこカプセルを装着してもすぐにカプセルの底面が溶けたり詰まってしまって逆にカプセルの寿命を縮めたりしまうからです。

たばこカプセルはとて繊細なものなのでそれに見合った出力や煙量のVAPEを使う必要があります。

のところプルームテックのたばこカプセルと相性が良いと評価されているのはピコベビーやジャストフォグ。

ピコベビーについては下記記事でレビューしていますのでご参考にしてみてください。

VAPEでプルームテックを吸うと個人的には若干ニコチンが早く切れるような感じがしますがリキッドの味はずっと残るのでどちらかというと徐々にニコチン離れをしたい向けかもしれません。

”たばこカプセルの節約”と”禁煙”を目的に使うならおすすめです。

逆にニコチンを摂取しないと満足出来ない方にはおすすめ出来ません。

総じて

いかがでしたでしょうか。

究極に節約したいのならば地道に再生リキッドを作る事ですがその代わり手間がかかります。

個人的には互換カートリッジを上手に活用すれば手間もかからず最小限のコストでプラスのカプセルを存分に味わうことが出来るかと思います。

個人的には次はメンソール味の互換カートリッジを使って初代プルテクの多種多様なフレーバーカプセルを楽しみたいと企んでいるところです。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

  1. cbd oil より:

    Hello There. I discovered your blog the use of msn. This is an extremely smartly written article.
    I will be sure to bookmark it and come back to learn extra of your useful information. Thanks for the post.
    I’ll definitely return.

  2. Justin より:

    Long time supporter, and thought I’d drop a comment.

    Your wordpress site is very sleek – hope
    you don’t mind me asking what theme you’re using?
    (and don’t mind if I steal it? :P)

    I just launched my site –also built in wordpress like yours–
    but the theme slows (!) the site down quite a bit.

    In case you have a minute, you can find it by searching for “royal cbd” on Google (would appreciate
    any feedback) – it’s still in the works.

    Keep up the good work– and hope you all take care of yourself
    during the coronavirus scare!

タイトルとURLをコピーしました