初心者におすすめ!簡単操作でプルームテックを吸えると評判のVAPE「ピコベビー」のレビューと使い方

最近プルームテックをVAPEで吸う方が増えてきましたが中でもイーリーフのピコベビーというVAPEが評判がいいみたいなので試しに買ってみました。

言っている事がいまいち理解出来ない方の為に簡単にご説明しますね。

プルームテックって普通はバッテリーにたばこカプセルを装着して吸いますよね?

実はVAPEでもたばこカプセルを装着出来るようにカスタムすればVAPEでプルームテックが楽しめるんです。

特に最近は初心者でも簡単に扱えるようVAPEの吸い口である「ドリップチップ」って言われるパーツを取替えるだけでたばこカプセルを装着出来るスターターセットも多く販売されるようになりました。

よく分からない方はこちらの記事を見ていただければ「VAPEでプルームテクを吸う」っていう事の意味をご理解していただけるかと思います。

私はプルームテック+VAPEはジャストフォグQ14がベストかなって思っていましたがどうやらそれをも超えるVAPEに出会えたような気がします。

それではそのVAPEをご紹介したいと思います。

アスティックピコ以来のピコシリーズ

今回ネット評判が気になって購入したVAPEがイーリーフのピコベビープルームテック対応セットです。

イーリーフといえば過去にこちらの記事でご紹介しましたが、アイスティックピコという超ロングセラーVAPEを販売しているメーカーです。

そんなアスティックピコよりも一回り小さいピコベビー。

プルームテック対応のスターターキットを購入してみました。

ベプログ プルームテック対応 ピコベビーQ16 スターターキット (シルバー)

中身の内容はこんな感じ

他にケースとかちょっとしたおまけも付いてましたがメインとなる内容物はこんな感じです。

ベプログ?っていうお店のオリジナルリキッドなのか分かりませんがたばこ味とメンソール味のフレーバーが2本付いてたので得しちゃいました。

この量のリキッドを買うと1,000円はしますからね。2本で2,000円分のおまけを頂いてしまいました。これだからスターターセットってお得なんです。

ピコベビーのセット方法

何より販売店さんがモノクロですが丁寧にも写真付きの説明書をつけてくれますので取扱いに迷うことはありません。

十分丁寧な日本語版の説明書なので初めて使う方もこれなら心配しなくても大丈夫です。

では簡単に写真で説明していきます。

それではですね、まずこの4つの部品を用意してもらいます。

最初に言っちゃうと、上の2つのパーツはドリップチップと言われる吸い口のパーツで銀色(左側)のがたばこカプセルを装着する時に使い、黒色(右側)のがリキッドを純粋に楽しむ時に使うものです。

そして中央の透明のガラス製のパーツがアトマイザーと呼ばれ、主にリキッドを入れるタンクの役割を果たします。

それではアトマイザーにリキッドを入れますので写真のようにねじって分解してください。

分解したついでに説明しますが、写真左側のパーツにはコイルと呼ばれるものがついています。これは2週間程度で交換する消耗品なのでストックがあると便利ですよ。

じゃあ早速リキッドを入れてみましょう。

と、その前に注意点があります。上から見ると分かりますが、この中央の丸い穴にリキッドは入れてはいけません。

中央の丸い穴に入らないように気を付けながらアトマイザー容器の8割程度リキッドを入れます。

リキッドを入れたら先ほど分解したパーツを元に戻します。

次にこの銀色のパーツをアトマイザーのネジにくるくる回して取付けます。

ちなみにコイルが新しい場合は、 リキッドをコイルに染みこませる為に リキッドを入れてから10分以上放置します。

この時間を確保しないで吸い始めてしまうとコイルが焦げ付いてコイルを1個駄目にしてしまいますので忘れないでくださいね。

そうするとこのようになるはずです。

ここでエアフロー調節機能について説明します。

写真の白く囲った部分に空気孔があります。この空気孔は空気を取り入れる量を調節出来るようになっています。黒いリング部分を回す事でこの空気孔を狭めたり広めたり出来ます。

エアフロー調節機能

この空気孔を狭めれば狭めるほど吸った時のドローは重くなり、逆に全開に開けるとドローは軽くなります。

私はドローは重めの方が好きなんですけどこのピコベビーに関してはエアフローを全開にして吸っています。この方が味がはっきりと感じるような気がしますね。

エアフローの調節は後からでも調節出来るので、次にいきましょう。

とは言っても後は本体にセットして完了です。

アトマイザーと本体はお互い磁石の力でセットされるので取付け、取外しは簡単です。

本体とアトマイザーをセットした姿がこちら。

小さいけれど存在感があります。メカニックで男心くすぐられるデザインです。

本体にアトマイザーをセット

このままでは吸えません。この後ドリップチップをセットして吸うのですがまずリキッドを純粋に楽しむVAPEとして使う場合、これを付けます。

VAPE用のドリップチップ

そして本命のたばこカプセルを装着する場合はこれを付けます。

たばこカプセル装着用のドリップチップ

このドリップチップにはこのようにたばこカプセルを装着出来るのでアッという間にプルームテック仕様のVAPEが出来上がり。

たばこカプセルを装着したピコベビー

これでピコベビーのセットは完了です。

電源の入れ方

電源の入れ方なんて分かるよ!と思うかもしれませんが私は「不良品?」って疑うくらい最初はちょっと戸惑ったので一応ご説明しておきます。

吸う時は分かりますよね、パフを押しながら吸えばいいんですけど電源の入れ方が最初はうまくいきませんでした。

パフは誤作動防止の為、くるくる回して緩めたり閉めたりする仕様になっていて、当然閉めた状態ではボタンを押せません。

閉めた状態
全開にした状態

ボタンを素早く5回押して電源を入れたり切ったりするのですが、これがなかなか出来なかったんです。

結果からいうと、中途半端に緩めた状態では5回押してもうまく電源を入れられません。

きちんと最後まで全開して緩めた状態にしないと5回連打が有効になりませんので気を付けてくださいね。

ピコベビーをVAPEとして吸った感想

まず試したのがたばこリキッドのみの状態。ただ純粋にたばこリキッドを純粋に試してみました。

「うわ~味が濃い」

これが最初の感想です。アイスティックピコ以来の味の濃さですね。

リキッドをメンソールに替えて吸ってみたらこれまたびっくりで、これだけメンソール感を味わえるならたばこカプセル要らないなって感じです。

大げさに言ってません、本当です。

リキッドの味が鮮明に分かるから逆にまずいリキッドはまずいって分かります。

何種類か試しに吸ってみましたが少し甘めのリキッドと純粋なメンソールリキッドがいいような気がします。

でもやっぱりメンソールいいです・・・・。これたばこカプセル要らないかもしれません。

ピコベビーをプルームテック仕様で吸った感想

あまりの満足感に実はしばらくたばこカプセルを使わずに普通にメンソールリキッドばかり吸っていました。

しかしそれではピコベビーの購入を検討してる方に悪いのでたばこカプセルを装着してプルームテック仕様で吸ってみましたよ。

感想はですね、ジャストフォグQ14よりシックリときますね。

特にたばこ味リキッド+レギュラーのたばこカプセルの組合わせ。これは結構いいですよ。

ちゃんと同じ条件下(同じアトマイザー)で吸い比べした感想ですからね。

ピコベビーとジャストフォグQ14

続いてメンソールリキッド+メンソールのたばこカプセルの組合わせです。

ピコベビーでは正直、たばこカプセル無しの方が個人的には好きです。メンソールの味が強く出過ぎて苦手かもしれません。

でもこんなことを言えるって事はニコチン無しの状態でも満足出来るレベルって事なんですよね。

煙の量も十分モクモクだし素晴らしい。

買い置きがあると便利なパーツ

アトマイザーであるクリアロマイザー。味の質がいいのはこのアトマイザーがいいからかもしれません。

しかしガラス製である故に割れやすいのが悩ましいところ。現に私はジャストフォグのアトマイザーを落として割った事があります。

また、リキッドを交換する際に、前のリキッドの味が残ったりするので甘い系とメンソール系に分けて買い置きしておくといいかもしれません。

ピコベビーのアトマイザーはこちらです。

JUSTFOG ジャストフォグ Q16 クリアロマイザー 1.6Ω 1.9ml 電子タバコ シルバー

また、消耗品であるコイルもストックは必須です。ピコベビーのデフォルトは1.6Ωなので初心者の方は同じ規格のコイルを揃えておくと良いでしょう。

正規品 VAPE 電子タバコ JUSTFOG (ジャストフォグ) Q14, Q16, P16 シリーズ用交換コイル 5個セット (? 1.6Ω)

以上2つのパーツはあって損はないし、いつかは必ず使うものです。

総じて

よく調べずにネットの評判だけで興味本位で買っただけなのですが、これが予想以上に良かったです。

この衝撃はアイスティックピコ以来です。

世の中、プルームテックを吸えるVAPEは他にもたくさんありますが、このピコベビーはたばこカプセルの底面が溶けない・びしょびしょに濡れない・詰まらないようにギリギリの設定で作られているものだと思います。

たまたまたばこカプセルを使うには丁度良い規格なのかもしれませんがどっちにしてもプルームテックを吸うVAPEとしては非常におすすめです。

小さくて持ち運びも便利だし、私の場合、フル充電で1日持ちますからジャストフォグQ14よりバッテリー持ちがいいです。

BOXタイプが苦手じゃなければ試してみてはいかがでしょうか。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です