男性コーデはボトムで決まる!身長170㎝前後、背が低くても似合うボトムやジーンズの選び方。

ジーンズ/スニーカー

ジーンズを履いてもがなんかしっくりこない、シルエットが気に入らないという悩みから始まった私のジーンズカテゴリーの記事を更新します。同じような悩みを持つ方のご参考になると嬉しいです。

背が高い・スタイルがいいなどといった恵まれた特徴がないとジーンズが似合わないと思っていませんか?

少なくとも私はそう思っていました。

そして自分は何を履いてもダサいとさえ諦めていました。

しかしあるジーンズとの出会いと『ちょっとした気付き』により自分に似合うジーンズやボトムを選べるようになって今では休みの日に私服を着るのがとても楽しみになりました。

その時に書いた記事がこちらです↓

典型的な日本人体型だからといって私服、特にジーンズやボトム選びを諦めて「なんでもいいや」なんて諦めている方はまさに過去の私の同士です。

少なくても私と同じような体型の方はこの記事を読んでいただければ私服に対する気持ちが変わります。

過去の私が本当に悩んでいたこともありますので同じ悩みを持つ方の為にこのような記事を書いていますのでご参考にしてみてください。

まずはじめにお伝えしたいこと

まずは私のスペックをお伝えします。

身長と体重は日本人平均並み・お腹は油断するとぽっこり出る時があります。

スポーツをやっていたので下半身は細くはありません。

脚はお世辞にも長くはなく、どちらかというと短足のカテゴリーに入ると思います笑

いかがでしょう、皆様も似たり寄ったりの体型ではないでしょうか?

しかしこのような体型だからといってジーンズやボトムが似合わないと判断するには勿体ないです。

今、お伝えしたいのはジーンズやボトムが似合わないのではなく、自分に似合うジーンズやボトムに出会えていないだけなのですから。

それでは本記事の本題に入っていこうと思いますが、本記事では私と同じような体型の方におすすめのジーンズやボトムをご紹介していきたいと思います。

ボトムは太いのと細いのとどちらがおすすめ?

ジーンズに限らずボトム全体に言えることですが、私たち典型的な日本人体型の男性にとってボトムのシルエットはどんなものが最適なのか?

30代、40代以降になると体型も丸くなってきますので体型隠しもかねて少しゆとりのあるボトムを選びがちになっていると思います。

あくまで私の個人的な結論から言うと細めのボトムの方がいいです。

もっと極論を言うと究極のポイントは裾幅にあるのです。

似合うジーンス探しの為に散々散財した私が辿り着いた答えの一つに裾幅は16㎝~17㎝前後がベストだということがあります。

私と同じような日本人体型の方で定番のリーバイス501(501CT等カスタム系501を除く)を履いた方はいらっしゃいますか?

その501は似合っていましたか?

きっとしっくりはこなかったはずです。

何故ならリーバイス501は身長が高くないと似合わないからです。

詳しい理由は本記事の冒頭にあるリンク記事に書いてありますので時間がある時にでも読んでみてください。

ボトム選びで大切なのは自分の体型に合うボトムを選ぶことなのです。

じゃあ日本人体型に似合うボトムはどうやって探せばいいの?いちいち裾幅をチェックするのは面倒・・という方の為に手っ取り早くおすすめのボトムをご紹介してしまいます。

30代・40代以上のメンズは洋服どこで買う?

中年に差し掛かる年齢になると洋服をどこで買ったらいいか分からなくなります。

家族と出かけた際にメンズ物の売り場に寄ってもお洒落な店員さんに尻込みして思うようにゆっくりと見れなかったり、そもそもどんな服を買ったらいいか分からなくなりませんか?

それに今はコロナ渦という事もあり、実店舗に洋服を買いに行くことは以前に比べてめっきり減りましたね。

私が思うに、男性はボトムさえ履きこなせればトップスは何を着ても無難にキマると確信していますし私の場合事実、そうです。

だから個人的におすすめのボトムをこれからご紹介したいと思っていますが35歳以上の男性に焦点をあてて洋服を販売しているメンズファッションサイトを先にご紹介しておきたいと思います。

洋服探しに没頭しネットサーフィン中に見つけたサイトです↓

– モテるオヤジの服選び – 35歳からのファッション通販!

いちいちレビューを確認しながらネットで洋服を探すと1時間、2時間あっという間ですがこのファッションサイトに掲載されている洋服はどれも格好いいです。

なぜおすすめかって、客層を35歳以上のおじさんにしぼって厳選しているから当然ながら結構探し求めてた服に似たようなものがたくさんあるんです。

個人的には昔よく行ってたTaka-Q並みのラインナップですね。それくらいセンスがいい品揃えです。

それでいてTaka-Qよりも価格は安い・・・ユニクロ並みの価格です。良心的な価格設定に感謝です。

このサイトもおすすめですが、せっかくこの記事を読んでくださっているので私の個人的なボトムもご参考にしてみてください。

それではおすすめボトムを4つほどご紹介させていただきます。

日本人体型におすすめボトム4選

今回はジーンズとチノパンで私たち日本人体型に合うボトムを3本ご紹介したいと思います。

下記おすすめ3本のポイントは細身・裾幅・テーパードの要素が含まれたボトムです。

私自身が典型的な日本人体型なのでそのおすすめ度は実証済みです。ご参考にしてみてください。

冒険せずにまずは定番派のあなたにリーバイス511

まず一番始めにおすすめしたいのはリーバイス511です。

このジーンズのシルエットは非常に優秀で正直履く人を選ばない万人向けのボトムです。

腰回りはゆとりがあり、裾に向かって緩やかに細くなる(テーパード)シルエットで多少太ももが太い方でも十分履きこなせるジーンズになっています。

リーバイスは501だけではありません。501が似合わなかったという理由だけでリーバイス離れしてしまうのは人生損です。

手元に常に1本は持っておきたいボトムです。

個人的には下記のよなストレッチタイプがおすすめです。

シルエット・質感共に上質な MADE&CRAFTED NEEDLE NARROW

個人的に推しなのがリーバイスのプレミアムライン、MADE&CRAFTED(メイドアンドクラフテッド)のジーンズです。

造りと質感がリーバイスの通常モデルよりも格段にいいです。

このMADE&CRAFTEDのシリーズには501を始めとして502や511、510など通常のリーバイスでもラインナップされているものもMADE&CRAFTED版として販売されています。

中でも私のお気に入りがNEEDLE NARROW(ニードルナロー)というスキニージーンズです。

あ、スキニーと言っても全然パツパツではありません、ニードルナローは511を気持ちスリムにした程よいスリムフィットな感じです。

想像以上に良い!ユニクロのウルトラストレッチスキニーフィットカラージーンズ

私はよくユニクロのボトムも履くのですがいつもはスリムフィットというテーパード系のものを買っていました。

もちろんユニクロのスリムフィットもテーパードが効いていてシルエットは気に入っていたのですがこの前ユニクロに行ったときにスリムフィットとスキニーフィットを間違って試着室に持ち込んでしまったのです。

「スキニーはちょっとな・・」と思いながらせっかくなので試着したところ、その感想は・・・

かなりいいじゃないですか!

何がいいってスキニーって言うほどスキニーじゃないしむしろスリムフィットをもう少しシュっとスマートにした感じでシルエットはかなり美しい。

しかも裾幅もスリムフィットよりも狭くなっていて全体的のバランスがかなり神。

これを履くと元々履いていたスリムフィットが野暮ったく感じます。

すっかり気に入った私はチノパンとしてこのスキニーフィットのベージュカラーを即購入して今結構愛用しています。

このウルトラストレッチスキニーフィットは長めに裾上げして折り返して履くと結構いい感じでコーデしやすいですよ。

新しい自分を発掘出来たユニクロのスキニーフィットチノ2WAYストレッチ

先程ご紹介したユニクロのウルトラストレッチスキニーフィットカラージーンズの実力を知ってからユニクロの『ストレッチ』シリーズに興味深々になってしまった私。

次回ユニクロに行った際にスキニーフィット系のボトムを試着しまくりました笑。

そしてついに見つけた2つ目のユニクロでのおすすめボトムは『スキニーフィットチノ2WAYストレッチ』。

結果から言うとこれも購入しましたが、その感想としてはウルトラストレッチスキニーフィットカラージーンズよりも生地がしっかりめで且つ更にタイトめになっています。

だからといってムチムチにはなりません。お尻や腰回りはちゃんと余裕を残したシルエットになっています。

スキニーって敬遠していたのですが最近のスキニーって案外履きやすくなっています。細いは細いですが履くと「あ、こんなボトム履いた自分もアリだな」って感じてしまうものですよ。

このボトムはビジネススタイルにかなりおすすめ。ですが私服で着ても安いTシャツ一枚羽織るだけで結構キマリます。

以上のユニクロ2点はかなりおすすめです。自分のサイズと股下の長さを把握したのでユニクロのオンラインショップで追加購入しようと思ったのですがサイズが品切れ状態・・。

ユニクロへ行ったときは是非、試着してみてくださいね。

日本人体型の私が細いボトムで履く色で気を付けていること

本記事でご紹介したような細身のボトムは典型的な日本人体型の私にこそ似合うものだと確信していますが黒だけは履かないようにしています。

細身やスキニーこそ黒(ブラック)が主流だと思いますがそれはあくまでスタイルがいい人が似合うカラーだと思っています。

よく雑誌やネットとかでは背の低い人は黒のスキニーがおすすめ!なんてよく書いてありますが私の経験上、あれは嘘です。

私のような体型のメンズが履くとペンギンみたいな感じになるだけです。

その証拠にユニクロの試着室でスキニーフィットチノ2WAYストレッチの黒を試しに履いてみたところ全く似合ってなかったからです。

あまり背が高くない人が黒の細身のボトムを履くと正直、へんてこりんな感じがしますね。私だけかもしれませんが笑。

細身のボトムこそ膨張色の明るめの色を履くことによってその細さが中和されてバランスが取れます

本当です。今度試着する機会がありましたら試して見比べてみてください。

スニーカーは若干ボリュームのあるものを

ボトムとスニーカーはセットのようなものです。

せっかくスタイルがよく見える美シルエットなボトムを履いてもスニーカーが似合わなければ台無しです。

あくまで私個人の見解ですがスリッポンのようなものではなく、若干ボリュームのあるスニーカーを履いた方が細いボトムにしっくりきます。

それに少しでも背が高く見える効果もあるので笑

例えばアディダスのZXシリーズやナイキのエアマックス系、ニューバランスなどがいいです。

履くスニーカーのボリュームによってベストな裾の長さも変わってくるので私はスニーカーは少しボリュームのあるものしか買っていません。

ベストな裾の長さだったボトムもスリッポンの靴を履くと短くなってしまい全体的のバランスも崩れてしまいます。

いつも履くスニーカーのボリューム感も統一しておくとコーデしやすくなるなと感じています。

いかがでしたでしょうか、本記事では主にスタイルに自信のない典型的な日本人体型である私が実経験をもとに気付いたことや分かったことを中心にお話させていただきました。

ファッションに興味が無くなるきっかけが『自分には似合う服がない』という理由であればそれは少し悲しいことです。

何かのきっかけで自分に似合う洋服を見つかるとまた洋服に興味が出てきて私服を着るのが楽しみになります。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました