プルームテックプラスを1ヶ月使用した辛口評価とお金をかけずにキック感を増やす方法。

新型プルームテックであるプルームテックプラスが発売されてから2ヶ月が経過しようとしています。オンラインショップでの混雑状況は緩和され、そろそろ買おうかどうか迷っている方も多いのでは。

新型プルームテックの発売を誰よりも楽しみにしていた私は運良く発売日当日にオンラインショップで購入する事ができて2月から吸い始める事ができました。

たばこカプセルも旧プルームテックから一新されてプラス専用のたばこカプセルの販売も開始されたので全てのフレーバーを試しました。

その時の各フレーバーの感想はこちらの記事で詳しくレビューしています。

まずはプラス使用1ヶ月経過の感想から

プルームテックプラスの感想は正直なところ期待していた分、少し残念ですね。

確かに煙の量やキック感は間違い無く初代プルームテックを上回っていましたがこれならノンニコチンでもアイスティックピコの方が間違いなくいい。

そう思ったのが実は一番始めの感想です。

ではなぜ期待外れな思いをしたのかというと、私がプルームテックをメインで吸っているのは互換バッテリーだったからなのです。

要因は初代プルームテックの互換バッテリー

初代プルームテックの互換バッテリーは純正プルームテックを遙かに上回る満足感を与えてくれる優秀な商品が多いのです。


詳しくは 互換バッテリーの記事で3商品ほど確認できますが、これがまた純正プルームテックで満足出来なかった私に「十分なキック感」を与えてくれました。

これがきっかけとなりアイコスからプルームテックメインに移行する事に成功した経緯があります。

メンソールのクリヤーミントは合格

そんな期待外れであったプルームテックプラスでしたが、唯一メンソールフレーバーの「クリヤーミント」だけは吸った感が他のフレーバーよりも感じられました。

ミント系のガムのようなフレーバーが口の中に広がる感じで非常にスッキリとした好印象を受けました。

同じメンソール系フレーバーでもクールミントというフレーバーはちょっと味が薄くて駄目でしたね。

冷たい感じはしますが、「ん?味が薄いな・・・」どれだけ強く吸ってもフレーバー自体の味を堪能するにはほど遠い感じでした。

レギュラー系フレーバーは微妙

初代プルームテックのレギュラーフレーバーに不満があった分、プラスのレギュラー2種類には期待していたのですが「またこれか・・・」といった感想が正直なところ。

ネットでの評判はそこそこみたいですが本当に~??と思ってしまいますね。

特にマイルドブレンドは試しに吸った日以来減ってません。というか吸ってません。

ほのかにお茶のような香りを感じますが、「感じるだけ」でフレーバーを味わうとか満足感を得るという事は出来ませんでした。

レギュラーだったらローストブレンドの方がマシといったところでしょうか。

ローストブレンドは喉にイガイガ感を感じるのでリアル感を味わう事が出来る上、マイルドブレンドよりは味を濃く感じる事が出来ます。

プラスのキック感を上げるちょっとしたコツ

そんな微妙なプルームテックプラスなので何かいい互換品が売っていないかネットで探してもまだ期待出来そうな互換品らしきものは出回っていませんでした。

そこで自分なりにこの弱い「キック感」がどうにかならないものかと試行錯誤しているうちに、少しはキック感を増す吸い方を発見しましたので宜しければご参考にしてみてください。

クリヤーミントカートリッジ+初代プルテクのメンソール

不満を持ちながらプラスを使い続けること1ヶ月を経過して小さな発見をしました。

初代プルームテックのメンソールのたばこカプセルをプラスで吸ってみたのです。

イケます。

ちなみにカートリッジはクリヤーミントのカートリッジをセットして吸うのが一番いい。

初代プルームテックでもプラスでも味わえなかった新しいメンソール感に出会うことが出来ます。

これにハマってしまい、今ではプルームテックプラスを吸う時はこの組み合わせで吸っています。

空気流入口を1つ塞いで吸う

プルームテックプラスにはリキッドが見える窓の下に空気を取り入れる穴が2つあります。

ここを1つ指で塞いで吸うとドローが重くなって少しばかりキック感が強くなります。

2つのうち1つの空気穴を塞ぐことによって、VAPEのエアフロー調節を絞る行為と同じような効果を得る方法です。

結構グッときます。

以上の2つのコツはお金をかけずに試すことが可能なので是非やってみてください。

プラスを使い続けると慣れてくる?

プラスには満足していませんが、上述したように初代プルームテックのメンソールフレーバーと組み合わせることによって多少なり満足感は得られます。

売りにだそうか迷いましたがプラスばっかり吸っていると薄かった味も濃く感じてくるから継続して吸うことのメリットはあるような気がします。

濃い味に慣れてしまった人が薄味に段々と慣れていくような感じといえばなんとなく理解できますかね。

ずっと吸い続ければきっとプラスにも慣れてくるのだろうと予測出来ます。

見た目のフォルムは嫌いじゃないしせっかく買ったからまだ手放すのは惜しい気持ちが芽生えてしまうということは完全に駄目だとは思っていない証拠なのでしょう。

プラスをおすすめするユーザー層

今のところ個人的にプルームテックをおすすめするユーザー層はこんな感じです。

☑純正の初代プルームテックを使っている人

☑使い捨て電子たばこを使っている人

☑禁煙中で飴やガムでは限界がきてる人

☑喫煙経験が無いけど電子たばこに興味がある人

このような層の方ならプルームテックプラスの満足度はかなり高いではないでしょうか。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です